もっと散策する時間が欲しい!直島から女木島や男木島を両方楽しめる行き方を考えてみよう
香川県 女木島

※2021年2月時点の情報です。

こんにちは。

まだ見ぬ世界を求めて、旅を続ける旅人。

アマミヤタロウです。

さて先日の記事にて「男木島」への行き方を紹介しました。

その時に「途中で女木島を寄るのであれば…」というのを書いてしまったので、今回で「女木島」も含んだルートをしっかりと紹介していきたいなあと。

このルートでは「直島~高松~(女木島と男木島)」という旅路で試してます。

ですが「高松」を起点として旅をすればとても快適なルートに。

ぜひ参考にして、当日を良い旅路にしましょう。

香川県の女木島とは?

香川県 女木島

女木島(めぎじま)は、瀬戸内海にある島。香川県高松市女木町に属する。

郵便番号は760-0092(高松中央郵便局管区)。また、女木島は「雌」、男木島は「雄」を指し、両者で雌雄島(しゆうじま)を成す。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この島、本当に時間をかければよかったとあとで後悔することに。

港では自転車を借りる事ができ、島をゆっくりと回れます。

北南に長い「女木島」は、1時間で回れないほどの広さ。

充分に時間を作って散策してほしい。

では、ルートを見てみよう。

一通り書き起こしてみました。

とりあえず、「直島~高松~(女木島と男木島)」というルートは可能。

ただし現地での時間を考えると、女木島の滞在時間が圧倒的に少なかった。

これが一番悔しかった。

なのでそういった失敗をしてほしくないのと、これからそういう旅をされる人に向けて、

この記事を残します。

もちろんこのルートにも魅力がありますし、ポイントを押さえれば最高の一日に出来ます。

ぜひ参考にしてください。

直島から乗り換えルートで行くメリット

まずはこちらから。

このルートには少ないですがメリットが。

ちょっとでも良いと思えば参考にしてください。

乗り換えする港を変えなくてもよい。

これ、当たり前じゃないの?とかいう意見があるかと。

ですが、島ごとに違う港から出るパターンがあります。

そのパターンを経験している人ならなおさら、このありがたみが分かりますよね。

高松港周辺で留まる事が出来るので、行動範囲を絞れます。

高松を起点の町として出来る。

もし高松の町に滞在したいと思えば、港からちょっと外れた場所にホテルがあります。

なので荷物を先に置いてから、高松周辺を散策するということができてしまう。

さらに時間があれば香川のうどんも堪能できてしまいます。

ちょっとしたトラブルがあっても、この町では慌てる必要なし。

ゆっくりと旅の時間を過ごしましょう。

直島から乗り換えルートでの注意点

本当に多かったです。

情報を知っていれば問題なく行けるルート。

なのでしっかりと情報を知ってから行きましょう。

直島~高松間の料金が高い。

まず乗り換えする前の話を。

このルートは距離もある関係から、料金が高い。

時間に余裕を持てば「フェリー」で行くことが可能なので、余裕があればフェリーを使う事をおススメします。

ただ今回の旅では「高速船」を試しに使ってみましたが、とても快適で座席にもゆとりがあり、あっという間に高松港へ到着しました。

もしお金に余裕があれば「高速船」を使うのもおススメかも。

乗り換えの時間に注意。

まず、この赤枠の時刻表を確認しましょう。

高速船とフェリーの時間を確認した後に、こちらをどうぞ。

そう、この赤枠の船に乗りたければ必然的に「高速船」に乗る羽目に。

なので10時出発の船を狙って、ゆっくりと旅の計画を練りましょう。

そうすれば直島からの8時30分の高速船に乗っても問題ないですし、7時台のフェリーに乗って安くゆっくりと行くのもアリ。

ただし、ゆっくりと島めぐりしたい人は「高松港から8時出発の船」に乗る事をおススメします。

なぜならゆっくり回る予定の私が、高松港からの10時出発で失敗しているから。

男木島の滞在時間が思ったより長かったため、女木島では失敗してしまったという話。

なので、2つの島をゆっくりと散策するなら高松港からの8時出発に乗りましょう。

朝早くの旅に慣れている人は、ぜひ8時に乗りましょう。

窓口の位置に注意。

ここ注意。

高松港は小豆島行きや直島行きなど、窓口がいっぱい。

なので今回注意してほしいのはこちら。

窓口は「女木、男木島行きのフェリー」の切符売り場です。

高松港の端っこ辺りにあり、結構窓口が小さいので注意して欲しい。

また、この窓口は出発時刻30分前にならないと開きません。

こちらもあわせて注意しましょう。

最後に

香川県 女木島

如何でしょうか?

本当は女木島をもっと散策したかった、なのに時間が無くて諦めてしまった。

そういう失敗を皆さんにしてほしくない。

ぜひこの記事を参考にして、当日の旅を快適かつ充実した旅にしてください。

では旅の道中には気をつけて。

良い旅路を。

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事