山梨県 富岳風穴
山梨県 富岳風穴

※2021年3月時点の情報です。

こんにちは。

まだ見ぬ世界を求めて、旅をする旅人。

アマミヤタロウです。

以前、鳴沢氷穴の行き方を紹介した記事がありまして。

その旅の途中に、見つかった観光スポットになります。

どうせこの鳴沢氷穴もみるなら、「富岳風穴」も見てしまいましょう。

という事で今回は山梨県の「富岳風穴」への行き方を紹介します。

山梨県の富岳風穴とは?

山梨県 富岳風穴

富岳風穴(ふがくふうけつ)は富士山(富岳)の北西山麓、山梨県富士河口湖町の青木ヶ原にある溶岩洞(風穴)で、周辺にいくつかある風穴のうちで最大のものである。 1929年(昭和4年)12月17日に旧文部省により天然記念物に指定された。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ふがくっていうのか、君。

今まで「とみたけかぜあな」って言ってしまったじゃないか。

え、読んでて読みづらいとは思わなかったのかって?

うん、読みづらいとは思ったけど、日本語って難しいからこうやって読むのかなと。

はい、申し訳ございません。

富岳風穴に携わっているスタッフやファンの皆様、本当に申し訳ございませんでした。

山梨県 富岳風穴

とにかく、ここの魅力は「天然の冷蔵庫」が見れること。

虫嫌いの人は閲覧注意の所がありますが、平気な人はぜひ奥まで行ってしっかりと見てください。

天然での保存ってなかなか見れるものではないので、この際しっかりと見ましょう。

あとこちらの鍾乳洞、狭いところがあるので注意が必要。

確か入り口の階段を下りた最初に試練があった。

自分の場合は身長が180cm以上あるせいで、体操座りに近い状態で地面スレスレを気をつけて進んだ覚えが。

なので行かれる際は履きなれた靴、汚れてもいい服で行くことをおススメします。

器用な人はいいんだけど。

不器用な自分な場合は、思いっきり頭をぶつけました。

この時ほど、自分の身長に恨んだ日は無かったなあ。

富岳風穴への行き方は?

まあ鍾乳洞というくらいだから、こんな感じになるよね。

でもご安心を。

行き方を知ってしまえば簡単に行ける観光スポットなので、しっかりとポイントを押さえていきましょう。

山梨県 富岳風穴

この資料を見てもらうと分かるかと。

そう、バスで行くルートがあります。

ですがこのバスで行くルートにはメリットがある分、注意が必要な点も。

では早速、ポイントを見てみましょう。

このルートのメリットは?

地図見ただけでは行くのが大変そうだと思いませんか。

ですがこのメリットを知ってしまうと、河口湖へ来た際に旅の選択肢として出てきてしまうほどのメリット。

ぜひ知ってもらいたいメリットです。

バス一本で行ける

山梨県 富岳風穴

そう、これ意外だと思いませんか。

こんな場所にバス乗るだけで着いてしまう。

これが大きいメリットの一つなんです。

本来であればバス降りてから10分歩いて、ようやく入り口だったりとかしませんか。

そういったものは今回のルートにはありません。

これだけ観光しやすいスポットは無いかと。

バス停が分かりやすい

山梨県 富岳風穴

そう、思いっきり「富岳風穴」って書いてある。

あるあるパターンだと近くの建物の名前や地名の名前になることが多い。

今回ではこの周辺が富岳風穴しかない事もあり、バス停が分かりやすくなっています。

もし河口湖駅前に到着して、自分自身でバスを確認するときや、降りるバス停も間違えなくて済みますね。

このルートの注意点

さてメリットを抑えたことですし、次は注意点を抑えましょう。

ちなみにこの注意点は「鳴沢氷穴」の行き方と重なる部分があるので、こちらも確認しながら見てもらえると良いかも。

バスの本数が少ない

今回、宿をとるのが遅れてしまった影響で使ったこのルート。

本数が少ない。

これは参った、では他のルートも見てみるか。

ああ、こっちも同じだった。

という事で、このご時世の影響により本数が減っています。

昔はこの2つのルートは本数が結構あったという。

ですがこの今の時代、仕方ない所がある。

なので、しっかりと時刻表を確認してから行きましょう。

乗るバスを間違えると遠回りする

山梨県 富岳風穴

まあ最終的に目的地へ到着出来ればいいんですけど。

この資料を見てもらうと分かるのですが、乗るバスを間違えるだけで約20分も変わります。

約20分くらいなので、そんなにダメージ受ける事は無いかと。

ただ知ってて損は無いかと思うので、頭の隅に置いておきましょう。

バスの運賃が高い

実は鳴沢氷穴を紹介した際に「運賃が安くできる」というメリットでポイントを上げました。

こちらではバス停が分かりやすいことで、そのまま何も知らずに進むと損してしまう。

そういった恐れがあるので、注意点として上げました。

「西湖周遊バス」に乗ると片道830円、往復で1660円。

「鳴沢・精進湖・本栖湖周遊バス」に乗ると片道680円、往復で1360円。

先ほど紹介した通り、時間が短い方の「鳴沢・精進湖・本栖湖周遊バス」へ乗ることが出来れば多少安く済ませられます。

ですが往復見てください、高いですよね。

「西湖周遊バス」に乗ると往復で1500円以上超えます。

バスの料金でここまでかかるとなると、話が変わってきます。

なのでここでは「共通フリークーポン」を1500円で購入して行きましょう。

「鳴沢・精進湖・本栖湖周遊バス」に乗ると、差額が140円ほど高く感じますが旅にトラブルはつきもの。

どのバスに乗っても快適な旅にして欲しいので、ここでは「共通フリークーポン」を購入しましょう。

最後に

山梨県 富岳風穴

如何でしょうか。

行き方はバス一本、便利なルートだと思いませんか。

もし河口湖周辺で観光スポットに悩んだときは、この「富岳風穴」に行ってみてください。

意外と手軽に鍾乳洞を楽しめる場所になってるので、ぜひ行ってみてください。

では旅の道中には気をつけて。

良い旅路を。

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事