水戸駅から電車と徒歩で行ける絶景スポット。茨城県の袋田の滝への行き方。
茨城県 袋田の滝

※2021年11月時点の情報

こんにちは。

世界の地図を書き直す男、タニモトショウタロウです。

さて、今回紹介するのは、茨城県の袋田の滝への行き方。

何段のも滝の流れが魅力的な絶景へと、今回では電車と徒歩で行ってみました。

ぜひ、参考にしてください。

茨城県の袋田の滝とは?

茨城県 袋田の滝

袋田の滝(ふくろだのたき)は、茨城県久慈郡大子町袋田にある滝。

位置は、久慈川支流の滝川上流にあたり、長さ120メートル、幅73メートル。冬は「氷瀑」と呼ばれる、滝が凍結する現象が発生することがある。

引用元: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(袋田の滝)

茨城県のかなり北の方にある袋田の滝。

線路沿いにあれば嬉しいのですが、最寄り駅からさらに森深くの場所まで進んだ場所にある絶景スポットとなっています。

茨城県 袋田の滝

袋田の滝へと入る為には、専用のトンネルを使う必要があります。

入場料が大人料金で300円とかかるので、予め入場料は準備しておきましょう。

茨城県 袋田の滝

トンネルを進んでいくと第1、第2観暴台といった滝を見れる箇所が2つあります。

袋田の滝を上から見たい人は、第2観暴台まで行くようにしましょう。

茨城県 袋田の滝

オススメの絶景ポイントは、袋田の滝のトンネル途中から出たところ。

特に橋を渡った後に見える川の流れと、橋の組み合わせは最高です。

現地情報について

現地の滞在時間約1時間30分(食事なし)
現地周辺の食事場所あり
現地周辺のバスルートあり

まず、滞在時間について。

袋田の滝の滞在時間は、約1時間30分。

これはトンネルから入って滝の景色を楽しみつつ、帰り道の景色も楽しんでこの時間。

意外と見る場所が多いので、1時間は間違いなくかかります。

茨城県 袋田の滝

次に、現地周辺の食事場所について。

袋田の滝周辺には食事する場所は多くあり、お肉系から魚系まで様々。

もちろん、スイーツ系もあるので軽食も楽しめる場所となっています。

茨城県 袋田の滝

最後に、バスルートについて。

最寄り駅である袋田駅から袋田の滝近くまで、バスルートはあります。

ですが、1日4本と本数は少なく、あるのは10時〜14時台のみ。

タイミング合えばバスを使用する、という方向で問題ないかと。

今回試したルートは?

茨城県 袋田の滝
時間・電車 1時間20分(水戸駅〜袋田駅)
・徒歩 40分(袋田駅〜袋田の滝)

合計 2時間
金額・電車 990円(水戸駅〜袋田駅)
・徒歩 0円(袋田駅〜袋田の滝)

合計 990円

試したルートは、「水戸駅から電車と徒歩で行くルート」

特徴は、水戸駅から電車1本で最寄り駅まで行けること。

時間とお金はかかるのがデメリットですが、電車1本で最寄り駅まで行けるのはありがたい話かと。

まず、時間について。

移動時間は、約2時間。

特に電車ルートが1時間20分とかなり時間がかかるので、注意したいところ。

最後に、金額について。

今回のルートでお金がかかるので電車のみ。

片道990円で、往復にすると1980円。

2000円以上かかるならお得切符を検討しないといけないですが、今回は2000円以上かかってません。

袋田の滝のみ行くなら、そのまま定価で行っても問題はありませんのでご安心を。

今回のルートの魅力は?

今回のポイント

①電車の本数が1時間に1本と多い

②袋田駅からバスルートがある

今回の魅力は2つ。

旅をスムーズに出来るような魅力があります。

ぜひ、参考にしてください。

電車の本数が1時間に1本と多い

茨城県 袋田の滝

まず、水戸駅から袋田駅までの電車の本数が多い。

昼間になると2時間に1本と少なくなるのが注意するポイント。

ですが、それ以外は全く問題ないかと。

袋田駅からバスルートがある

茨城県 袋田の滝

今回では袋田駅から徒歩で袋田の滝まで歩きましたが。

ですが、たまたまタイミングがあった場合は、このバスルートを使うのをオススメします。

1日4本と本数が少ない、日中しかバスがないのがデメリットですが。

それでも運賃が210円と安いので、タイミングが合えばぜひ。

今回のルートの注意点は?

今回のポイント

①水戸駅での電車の行き先に注意

②駅から徒歩40分とかなり歩く

③徒歩ルートの曲がり角に注意

今回の注意点は3つ。

特に、徒歩ルートには充分に注意してほしい。

ぜひ事前に確認を。

水戸駅での電車の行き先に注意

茨城県 袋田の滝

まず、電車ルートの水戸駅での注意点。

今回使用する電車の行き先は、「常陸太子」か「郡山」行きになります。

それ以外の電車に乗ってしまうと、違う方向に行ってしまうので注意を。

駅から徒歩40分とかなり歩く

茨城県 袋田の滝

今回最寄り駅から採用した徒歩ルート。

40分と時間がかかるのはもちろんですが、前半が坂道が多いので注意。

後半は平坦な道が続くので、前半の徒歩ルートだけしっかりと歩きましょう。

徒歩ルートの曲がり角に注意

茨城県 袋田の滝

袋田の滝へと近づけば近づくほど、案内板がしっかりとあるので助かりますが。

茨城県 袋田の滝

まさか踏切から渡った最初の曲がり角に看板がないとは。

ですが、この交差点名が「袋田の滝入口」と記載されてます。

「袋田の滝入口」の交差点で左折することを気をつければ、袋田の滝までは問題なく行けます。

交差点には充分に注意を。

最後に

茨城県 袋田の滝

如何でしょうか。

水戸駅から約2時間、しかも徒歩ルートは40分歩くといったクセのあるルートとなっています。

ですが、知名度のある絶景には、アクセスはしっかりとしています。

時間やタイミングによって、バスなどを有効活用してもらえれば幸いです。

では、旅の道中には気をつけて。

良い旅路を。

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事