山奥に広がる湖まで徒歩で行ってみよう。宮城県の潟沼への行き方。
宮城県 潟沼

※2021年10月時点の情報

こんにちは。

世界の地図を書き直す男、タニモトショウタロウです。

さて、今回紹介するのは、宮城県の潟沼。

宮城県の北東に位置し、温泉街から歩いて1時間の場所にある、まさに秘境とも言われる場所。

そんな場所へと、今回は仙台駅から電車と徒歩で行くルートを試してみました。

ぜひ、参考にしてください。

宮城県の潟沼とは?

宮城県 潟沼

潟沼(かたぬま)は、宮城県大崎市鳴子温泉にあるカルデラ湖。湖水は世界でもトップクラスの酸性度を持つ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

温泉街から歩くこと1時間で見えるこの景色。

入口から見える景色は、とても自然の音が響くような景色でした。

宮城県 潟沼

入口から南へと進むと、硫黄の匂いが漂う山並みが。

かなり近くまで行くことができますが、触れば大変なことになります。

注意してこの景色を楽しみましょう。

宮城県 潟沼

今回の絶景ポイントはこちら。

先ほどの硫黄の匂いが漂う場所から、南へと先に進んだ場所にあります。

ここから見える潟沼の景色が、自分的には1番綺麗に見えました。

潟沼の現地情報について

現地の滞在時間約50分(食事なし)
現地周辺の食事場所あり
現地周辺のバスルートなし

現地の滞在時間について。

1時間もあれば、充分にゆっくりと散策出来る広さ。

散策せず入口から見える景色だけとなれば、30分で楽しめます。

宮城県 潟沼

次に、現地の食事場所について。

潟沼の近くにレストランが1軒あるのみで、それ以外は無し。

食事は鳴子温泉駅周辺で済ませるか、潟沼で済ませるかのどちらかにしましょう。

宮城県 潟沼

最後に、現地周辺のバスルートについて。

今回の最寄駅である鳴子温泉駅から、潟沼へと行くバスルートはありません。

なので、最寄駅からは徒歩で行くことになります。

徒歩で行くとなると1時間は必須となるので、時間には注意を。

また、鳴子温泉駅前には沢山のタクシーが。

なので、このタクシーを使って潟沼へといくのもあり。

駅前には料金表も記載されているので、どれくらいの予算で行けるかの参考になるかと。

今回試したルートは?

・電車ルート

宮城県 潟沼

・徒歩ルート

宮城県 潟沼
時間・電車 45分(仙台駅〜小牛田駅)
〜乗り換え待ち 20分〜
・電車 1時間10分(小牛田駅〜鳴子温泉駅)
・徒歩 1時間(鳴子温泉駅〜潟沼)

合計 3時間15分
金額・電車 1690円(仙台駅〜鳴子温泉駅)
・徒歩 0円(鳴子温泉駅〜潟沼)

合計 1690円

今回試したルートは、「仙台駅から電車と徒歩で行くルート」

約3時間と時間のかかるルートであることを、まず認識してほしい。

次に、時間について。

片道3時間とかかるこのルート、3分の2は電車ルートでほぼ時間が埋まります。

乗り換えも発生するルートとなっていますので、その分時間がかかるルートとなります。

最後に金額について。

金額は1690円、これは電車ルートのみかかります。

ただ、往復すると3380円と非常に運賃が高くなります。

宮城県 潟沼

そこで、今回使用したのはこのお得切符。

「小さな旅ホリデー・パス」という切符で、宮城県内の移動がかなりお得になる切符。

お値段は2720円と、定価で往復するよりは500円ほど安く行けます。

また、こちらのお得切符は土日限定の切符。

平日には使えないので、使用する前には時期に確認を。

今回のルートの魅力は?

今回のポイント

①電車の本数が多い

②電車ルートの乗り換えが簡単

③徒歩ルートでの看板がわかりやすい

今回の魅力は、主に電車ルート。

乗車時間が長いのがデメリットですが、その分魅力があるルートとなっています。

ぜひ、参考にしてください。

電車の本数が多い

宮城県 潟沼

仙台駅からの本数がとにかく多い。

1時間に3〜4本というペースで本数があり、小牛田からのルートは1時間に1本とあります。

小牛田駅からのルートには少し注意が必要ですが、仙台駅からのルートは安心出来るかと。

小牛田駅での乗り換えが楽

宮城県 潟沼

今回乗り換えで使用する駅は、小牛田駅。

この駅での乗り換えが駅内で済むという、乗換えのしやすさが。

この後の注意点にも記載しますが、乗る電車を間違えてしまうと、違う方向に行ってしまうので注意を。

潟沼までの徒歩ルートが分かりやすい

宮城県 潟沼

約1時間と長く歩くルートですが、道中には潟沼へと案内板があるので迷うことなく行けます。

曲がるポイントとしては2つあり、そのポイントには必ず看板があります。

決して見逃すことのないようにしましょう。

今回のルートの注意点は?

今回のポイント

①仙台駅と小牛田での乗る電車に注意

②徒歩ルートの坂道がきつい

③土日に行くなら必ずお得切符を購入しよう

今回の注意点は、全体的にあります。

特に、電車ルートで間違えるとそもそも辿り着きません。

充分に注意しましょう。

仙台駅と小牛田駅での乗る電車に注意

宮城県 潟沼

1番目に気をつけるポイントはこのポイント。

まず、仙台駅はかなりの広さを誇ります。

在来線だけで1〜8番まであるのはもちろん、新幹線も含めた大きいホームです。

今回のルートでは、東北本線の「小牛田駅」行きに乗れば間違いありません。

たまに一ノ関行きの電車もありますが、一ノ関行きに乗っても小牛田行きへと行けます。

仙台駅では、「一ノ関駅」か「小牛田駅」行きの電車に乗るようにしましょう。

宮城県 潟沼

また、小牛田駅からの電車にも注意。

今回の最寄駅は「鳴子温泉駅」なので、古川駅行きに乗ってしまうと途中まで乗り換えが必要になってしまいます。

ここで間違っても、「古川駅」行きに乗らないようにしましょう。

また、「新庄駅」へと行くルートがありますが、こちらは「鳴子温泉駅」まで辿り着けるルートとなっています。

行き先だけでも3つのタイプがあるので、電車の行き先には注意しましょう。

徒歩ルートの坂道がとてもキツい

宮城県 潟沼

鳴子温泉駅から歩くルートが本当にきつかった。

まあ単純に運動不足もありますが。

行きの徒歩ルートは、序盤と終盤の坂道がきつかったのを覚えています。

ですが、道は広く舗装された道なので、歩きやすいルート。

歩くには問題ないかと。

宮城県 潟沼

また、帰りに使用した最短ルートですが、道も細く傾斜もある道のり。

行きのルートでは、とてもオススメ出来ないルートとなっています。

なので、行きのルートは道が広く遠回りで行くルートを使用しましょう。

土日に行く場合はお得切符を使おう

宮城県 潟沼

この切符の存在はとにかく知ってほしい。

鳴子温泉へと往復するだけでも3000円以上とられるルート。

なので、ぜひ事前に購入することをオススメします。

お値段は2720円。

仙台駅での券売機で購入できる切符となっています。

ぜひ、事前に購入を。

最後に

宮城県 潟沼

如何でしょうか。

仙台駅から約3時間かけて行く場所となっていますが、その分景色は素晴らしいものになっています。

ぜひ、この記事を参考にして潟沼の景色を堪能して頂ければ幸いです。

では、旅の道中には気をつけて。

良い旅路を。

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事