日本海へと続く大地まで歩いてみよう。青森県の行合崎への行き方。
青森県 行合崎

※2021年10月時点の情報

こんにちは。

世界の地図を書き直す男、タニモトショウタロウです。

さて、今回紹介する場所は、青森県の行合崎。

深浦町が誇る観光スポットでもあり、アクセスも問題なしの観光地。

そんな場所へと、今回は電車と徒歩で行ってみました。

ぜひ、参考にしてください。

青森県の行合崎とは?

青森県 行合崎

実は、以前の旅(青森県の青池への旅)の途中で見かけて、急遽足を運んでしまった場所。

日本海へと続く大地に惹かれるものがあり、帰り道に寄ってみようという感じで、行きました。

青森県 行合崎

また、行合崎の近くには「行合崎キャンプ場」があり、キャンプも楽しめる場所となっています。

ただ、海風が強いのもあるので、キャンプするときは風に注意が必要かも。

青森県 行合崎

そして、今回のルートの魅力に入る最大のポイント。

それが、「大岩」と呼ばれる展望スポット。

海沿いの道から続く1本の道が、海上でそびえ立つ展望スポットへと誘います。

行合崎の現地情報

現地の滞在時間約1時間(食事なし)
現地周辺の食事場所あり
・深浦駅から徒歩5分の所にコンビニがある。
・スーパーはコンビニの向こうに2軒ある。
・レストラン系は、海沿いの道には見当たらなかった。
現地周辺のバスルートあり
・1日4本とかなりの少なさ
・行合崎周辺にはバス停は見当たらなかった。

現地の滞在時間について。

これは、行合崎のみ滞在時間になります。

行合崎では、入口から海近くまでの距離があります。

なので、ゆっくり撮影や散策したりすると、1時間くらいはかかりました。

ささっと見るだけなら、30分くらいで済ませることが出来るかも。

次に、現地周辺の食事場所について。

深浦駅から徒歩5分歩いた所に、コンビニがあります。

コンビニ内での食事も出来る様になっており、時間に余裕があればコンビニで昼食を済ませるのもあり。

最後に、現地周辺のバスルートについて。

これは完全に自分のミスですが、バス停はあっても、行合崎までバスがあるかどうかは分かりません。

ですが、このバスの本数としては1日4本。

2〜3時間に1本とかなり本数が少ないです。

距離としては、深浦駅から行合崎まで、徒歩30分もあれば行ける距離。

なので、よほどの限りはバスを使わなくても良いかと。

今回試したルートは?

・電車ルート

青森県 行合崎

・徒歩ルート

青森県 行合崎
時間片道
・電車 約40分(十二湖駅〜深浦駅まで)
・徒歩 約40分(深浦駅〜行合崎まで)
合計 約1時間20分
金額片道
・電車 420円

今回試したルートは、「十二湖駅から電車と徒歩で移動したルート」

冒頭にも触れましたが、以前の旅(青森県の青池での旅)からの続きである、このルート。

1日3ヶ所とかなり無茶な旅をしたのを、今でも覚えています。

移動時間としては、約1時間とあまり長く感じないルートとなってます。

徒歩ルートも、緩やかな坂があるくらい。

なので、体力に自信がない方でも、このルートは使えるかと。

金額としては、徒歩ルートにはお金がかからないので、電車賃のみとなります。

さらに、今回では「五能線フリーパス」というお得切符を使えました。

なので、電車ルートにもお金がかからない、節約旅をすることに成功。

青森県 行合崎

実は、今回の帰り道に「広戸駅」まで歩いて帰るというルートを試しました。

理由としては、行合崎での景色が最高すぎて、限界まで滞在してしまったという、旅人あるあるな理由。

なので、深浦駅まで戻ると約40分とかかるので、広戸駅まで歩いたという形に。

行合崎から広戸駅まで、約30分もあれば移動できる距離。

なので、最初から広戸駅から行けばよかったのでは、という話になりますよね。

ですが、今回では途中にある展望スポット、大岩での散策を楽しんで欲しい。

なので、今回は深浦駅からのルートをオススメしました。

また、広戸駅からのルートだと、コンビニやレストランなどの食事できる場所がありません。

この理由も合わせて、帰り道に使ったという訳です。

このルートの魅力は?

・電車ルート

青森県 行合崎

・バスルート

青森県 行合崎
今回のポイント

①予算がかからない。

②途中に「大岩」と呼ばれる展望スポットがある。

③徒歩ルートが負担なく歩きやすい。

このルートの魅力は、主に徒歩ルート。

特に、大岩と呼ばれる展望スポットに立ち寄れるルートなのは、最大の魅力。

他にも色んな魅力がありますが、1つの景色だけではなく、2つも楽しめるのは良いですよね。

ぜひ、この魅力を知って、旅を楽しんで欲しいです。

予算がかからない

青森県 青池

今回では、「五能線フリーパス」というお得切符を使ったので、電車ルートには予算がかかりません。

もちろん、徒歩ルートにもお金は発生しません。

なので、このルートでは、お得切符のみで移動することができる、節約旅にオススメのルートとなってます。

途中で「大岩」と呼ばれる展望スポットがある

青森県 行合崎

行合崎に行くのであれば、この日本海に浮かぶ「大岩」まで行って欲しい。

深浦駅から徒歩5分の場所にあるので、寄り道しても大幅な時間ロスにはなりません。

ぜひ、寄り道をしてほしい場所です。

徒歩ルートが負担なく歩きやすい

青森県 行合崎

行合崎の手前くらいに、それなりの坂がありますが。

ですが、それ以外の道のりは平坦な道が続きます。

体力に自信がなくても、歩けるルート。

約2kmの旅路、ぜひ日本海の景色も楽しみながら歩いて欲しいです。

このルートの注意点は?

・電車ルート

青森県 行合崎

・徒歩ルート

青森県 行合崎
今回のポイント

①電車の本数に注意

②行合崎の看板はあるが、入口に注意

とにかく、電車の本数が少ない。

1本を逃せば旅の予定にも支障が出て、終電レベルに。

必ず、電車の時間を確認して欲しいです。

電車の本数に注意

青森県 行合崎

駅に降りて、電子掲示板を見ます。

この空白、見てください。

驚きの白さですね。

はい、本数が2〜3時間に1本とかなりの少なさを誇ります。

特に、十二湖駅から行く人は、深浦駅に昼過ぎに到着する電車に乗りましょう。

これに乗り遅れると、次の電車が17時台となり、行合崎へと行けなくなります。

特急列車を事前に予約して使うなら話は別ですが、特急列車を使わないのなら、必ず12時10分発の電車に乗りましょう。

さらに、帰りの電車にも注意してください。

15時台の電車に乗ることが出来なければ、次は19時45分と終電ルートに。

もし、長く滞在したい場合は、16時台の特急列車を予約して行くようにしましょう。

行合崎の看板はあるが、入口に注意

青森県 行合崎

行合崎へは、看板があるので入る場所はわかりやすいです。

青森県 行合崎

ですが、入口はもっと先。

そのまま進んで突き当たり行ってしまうと、小さな港に着いてしまうので注意。

途中に行合崎へと入る登り坂があるので、見逃さないようにしましょう。

最後に

青森県 行合崎

如何でしょうか。

行合崎にも魅力はありますが、途中にも思わぬ魅力があるルートとなっています。

また、無茶をすれば、十二湖からの合わせ旅もできます。

その際には、電車の時間に注意して旅を楽しんで貰えれば幸いです。

では、旅の道中には気をつけて。

良い旅路を。

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事