水戸駅から電車とバスで40分で行ける国営公園。茨城県の国営ひたち海浜公園への行き方。
茨城県 国営ひたち海浜公園

※2021年11月時点の情報

こんにちは。

世界の地図を書き直す男、タニモトショウタロウです。

さて、今回紹介するのは、茨城県の国営ひたち海浜公園への行き方。

ネモフィラが有名な国営公園ですが、ネモフィラ以外の季節行っても違った魅力があり、散策が楽しめる公園。

今回では、水戸駅から電車とバスで行くルートを試してみました。

ぜひ、参考にしてください。

茨城県の国営ひたち海浜公園とは?

茨城県 国立ひたち海浜公園

国営ひたち海浜公園(こくえいひたちかいひんこうえん)は、茨城県ひたちなか市にある日本の国営公園である。

公園の総面積は350haに及んでいる。

この面積は東京ディズニーランドの7倍程度の面積にあたるが、実際に公園として利用されているのは南側の191.9ha(開業中の面積)で、全体の約55%に留まっている(2012年5月現在)。

なお、かつては東京ディズニーランド建設候補地にあがっていたが、千葉県浦安市舞浜が建設地として決定したため撤回された。

引用元: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(国営ひたち海浜公園)

水戸市から東へと進んだ所にある公園、国営ひたち海浜公園。

縦長に広い国営ひたち海浜公園は、半日は足りないほどの面積を誇ります。

茨城県 国営ひたち海浜公園

公園内では沢山の自然、水辺が。

どこを歩いても楽しめる公園となっています。

茨城県 国営ひたち海浜公園

公園の東へと行けば、一面広がる太平洋の景色が楽しめます。

手前には小さな砂丘があるので、コンパクトな海の景色が楽しめるかと。

茨城県 国営ひたち海浜公園

オススメの絶景ポイントは、みはらしの丘。

ネモフィラが楽しめる有名な場所ですが、それ以外の季節でも楽しめる絶景スポット。

丘の頂上から見える公園の景色も絶景なので、こちらも合わせてみてほしい。

現地情報について

現地の滞在時間約3時間(食事なし)
現地周辺の食事場所あり
現地周辺のバスルートあり

まず、滞在時間について。

国営ひたち海浜公園の滞在時間は、約3時間。

これは「みはらしの丘」での景色も楽しみつつ、公園内を軽く回ってこの時間。

公園の広さとしてはかなりの広さがあるので、3時間あっても厳しいところがあった。

ただし、「みはらしの丘」だけを楽しむなら1時間くらいで充分な時間でした。

次に、現地周辺の食事場所について。

公園入口前にはショッピングモールがあるので、公園へと入る前でも食事を済ませられます。

ですが、園内でも軽食を販売している出店があるので、園内でも済ませるのもアリ。

食事の選択肢としてはかなりの多さを誇ります。

最後に、バスルートについて。

今回試したルートになります。

勝田駅から公園までのルートにはバスがあり、本数も安定して運行しているルートでした。

抜け目が無いほどのルート、流石は有名スポットと言えるほどでした。

今回試したルートは?

茨城県 国立ひたち海浜公園
時間・電車 5分(水戸駅〜勝田駅)
・バス 20分(勝田駅〜海浜公園西口)

合計 25分
金額・電車 190円(水戸駅〜勝田駅)
・バス 400円(勝田駅〜海浜公園西口)

合計 590円

試したルートは、「水戸駅から電車とバスで行くルート」

特徴は、40分もあれば公園へと行けるアクセスの良さ。

調査した当時は、ここまでアクセスが整っているのかと二度見したほど。

まず、時間について。

移動時間は、25分。

これは乗り換えの時間を含んでません。

ですが、乗り換えの時間無しで30分で行けるのは、かなり有難いですよね。

最後に、金額について。

電車とバスを片道で利用して、合計590円。

バスルートに400円とかかるのがデメリットですが、これくらいの金額ではあれば問題ないかと。

また、土日限定ではありますが、お得切符やお得パスといったものがありました。

当時は平日に行ったので使いませんでしたが、土日であれば迷わず使うほどでした。

土日にひたち海浜公園へと行く方は、ぜひともオススメします。

今回のルートの魅力は?

今回のポイント

①電車の本数が1時間に5本以上とかなり多い

②バスの本数が1時間に2〜3本と多い

③バス停から徒歩5分で公園へと行ける

今回の魅力は3つ。

電車、バスとともに本数があるのが非常に魅力的。

ぜひ、参考にしてください。

電車の本数が1時間に5本以上とかなり多い

茨城県 国営ひたち海浜公園

この本数の多さは本当にびっくりしました。

流石は関東でしたね。

行き先については、勝田駅に降りれば問題ないので、特急以外に乗れば問題なく行けます。

バスの本数が1時間に2〜3本と多い

茨城県 国営ひたち海浜公園

勝田駅からのバスルートも、問題ないルートとなっています。

平日、土日関係なしで、本数が1時間に2〜3本と多くあります。

電車でも行けるルートはありましたが、乗り換えの数ではこのバスルートが必然的に勝ちます。

ぜひとも使ってほしいと、太鼓判を押すほどの魅力です。

バス停から徒歩5分で公園へと行ける

茨城県 国営ひたち海浜公園

最後の魅力は、バス停からのアクセスの良さ。

バス停から東の方面へと振り返れば、入口が大きく見えるほど近さ。

徒歩3分もかからずに行けるアクセスの良さとなっています。

今回のルートの注意点は?

今回のポイント

①勝田駅での乗り換え時間に注意

②勝田駅でのバス乗り場に注意

今回の注意点は、勝田駅での乗り換えルートに。

そこまで大した注意点ではないですが、意外と引っかかりやすいポイントです。

ぜひ事前に確認を。

勝田駅での乗り換え時間に注意

茨城県 国営ひたち海浜公園

まず、電車からのバスへと乗り換えについて。

10分あれば問題なく乗り換え出来ますが、5分だとかなりギリギリになるので注意を。

また、乗り換え先の出口を間違えるとそれだけでもタイムロスに。

改札出ると目の前に「国営ひたち海浜公園」への小さな案内板があるので、見逃さないように東口で行くようにしましょう。

勝田駅でのバス乗り場に注意

茨城県 国営ひたち海浜公園

次に気をつけてほしいのは、このバス乗り場。

そこまで規模のある広さではないですが、少し迷うほど広さ。

茨城県 国営ひたち海浜公園

今回使用するのは、2番乗り場。

降りるバス停は「海浜公園西口」になります。

終点が他の場所になるケースがありますが、「ジョイフル本田経由」であれば間違いないく海浜公園前を通ります。

ここは充分に確認しましょう。

最後に

茨城県 国営ひたち海浜公園

如何でしょうか。

水戸駅から約40分で行けるスポットを紹介させていただきました。

そこまで難しくないルートとなっていますので、知ってしまえば誰でも行けます。

ぜひ、国営ひたち海浜公園への旅の参考になれば幸いです。

では、旅の道中には気をつけて。

良い旅路を。

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事