石切山脈も合わせて行ける絶景スポット。茨城県の霞ヶ浦総合公園への行き方。
茨城県 霞ヶ浦総合公園

※2021年11月時点の情報

こんにちは。

世界の地図を書き直す男、タニモトショウタロウです。

さて、今回紹介するのは、茨城県の霞ヶ浦総合公園への行き方。

一見普通の公園に見えますが、湖の方へと足を運べば、風車と湖の組み合わせが絶景となる場所。

今回では、上の記事からの続きの旅に。

石切山脈だけだと物足りない感があるので、もう一つどこか行ける場所はないのかと。

そこで見つかった場所が、今回の場所になります。

1度水戸方面へと戻って乗り換えするといった手間のかかるルート。

ですが、駅からのバスルートはしっかりと整っていますので、誰でも簡単に行けるルートとなっています。

今回の記事では、石切山脈から電車とバス、徒歩ルートを駆使して霞ヶ浦総合公園まで行ってみました。

ぜひ、参考にしてください。

茨城県の霞ヶ浦総合公園とは?

茨城県 霞ヶ浦総合公園

どこでもありそうな普通の公園に見える霞ヶ浦総合公園。

ですが、湖側へと歩けば普通の公園とは思えない景色があります。

茨城県 霞ヶ浦総合公園

湖近くには日本と思えないような風車や、雰囲気のある水車など、魅力がたくさん。

ぜひ公園の奥まで歩いて欲しいところ。

茨城県 霞ヶ浦総合公園

また、風車の展望デッキから見える景色は、まさに絶景。

霞ヶ浦を一望できるような景色が、ここで待っています。

茨城県 霞ヶ浦総合公園

オススメの絶景ポイントは、風車から南へと少し移動した所から見える景色。

風車へと続く道のりと、霞ヶ浦の青色がとても綺麗に見えます。

現地情報について

現地の滞在時間約1時間10分(食事あり)
現地周辺の食事場所あり
現地周辺のバスルートあり

まず、滞在時間について。

霞ヶ浦総合公園の滞在時間は、約1時間10分。

公園の広さとしては結構な広さがありますが、風車側の景色のみであれば、1時間で充分に楽しめます。

茨城県 霞ヶ浦総合公園

次に、現地周辺の食事場所について。

まず、霞ヶ浦総合公園内に食事する場所はあります。

ですが、食事の選択肢としては少し狭いところがあったので、土浦駅で済ませることをオススメします。

茨城県 霞ヶ浦総合公園

最後に、バスルートについて。

今回の最寄り駅である土浦駅から霞ヶ浦総合公園の近くまで、バスルートはあります。

バスの本数としては、1時間に2〜3本と非常に多いバスルートとなっています。

詳細については、このルートの魅力にて。

今回試したルートは?

茨城県 霞ヶ浦総合公園
時間・電車 30分(水戸駅〜稲田駅)
・徒歩 20分(稲田駅〜石切山脈)

〜石切山脈 散策〜 約1時間30分

・徒歩 20分(石切山脈〜稲田駅)
・電車 50分(稲田駅〜土浦駅)
・バス 10分(土浦駅前〜大岩田二区)
・徒歩 10分(大岩田二区〜霞ヶ浦総合公園)

合計 2時間20分(移動時間のみ)
金額・電車 510円(水戸駅〜稲田駅)
・徒歩 0円(稲田駅〜石切山脈)

〜石切山脈 散策〜 入場料300円

・徒歩 0円(石切山脈〜稲田駅)
・電車 990円(稲田駅〜土浦駅)
・バス 210円(土浦駅前〜大岩田二区)
・徒歩 0円(大岩田二区〜霞ヶ浦総合公園)

合計 2010円(入場料含む)

試したルートは、「水戸駅から石切山脈を経由し、霞ヶ浦総合公園まで電車とバスで行くルート」

特徴は、どちらの絶景スポットも電車で近くまで行けること。

霞ヶ浦総合公園については、バスで行かないと大変なことになりますが。

まず、時間について。

移動時間は、約2時間20分。

全体で見るとかなり時間のかかるルートに見えますが、中身を見れば1時間もかかるようなルートはありません。

その分、乗り換えが忙しいルートにはなりますが。

最後に、金額について。

石切山脈での入場料含めて合計すると2010円。

これだけ移動して2000円で行けるのは、安いと感じましたね。

今回のルートの魅力は?

今回のポイント

①全体的に電車の本数が多い

②土浦駅からのバスの本数が多い

③バス停から霞ヶ浦総合公園までは徒歩10分

今回の魅力は3つ。

以前の記事でも紹介した分も含んだ魅力です。

ぜひ、参考にしてください。

全体的に電車の本数が多い

水戸駅から稲田駅までの電車の本数が、1時間に1本と多いのはもちろんですが。

茨城県 霞ヶ浦総合公園

友部駅〜土浦駅までのルートは、1時間に2〜3本とかなり本数が増えます。

この本数の多さは、土浦駅から水戸駅への帰り道にも同様の魅力が出てきます。

ここまでアクセスが整っているのは有難いですよね。

土浦駅からのバスの本数が多い

茨城県 霞ヶ浦総合公園

時刻表が遠くて見えづらいですが。

電車の本数の多さが伝染するかのように、こちらのバスルートも本数が1時間に2〜3本とかなり多いです。

平日でも休日でも本数は多いので、かなり利用しやすいかと。

バス停から霞ヶ浦総合公園までは徒歩10分

茨城県 霞ヶ浦総合公園

バス停から徒歩10分で行けるのは充分に魅力的。

ですが、そこまでの道のりも非常に歩きやすく、誰でも問題なく歩けるルートとなっています。

茨城県 霞ヶ浦総合公園

ただし、バス停から総合公園への入口だけ注意してほしいところ。

しっかりと看板があるので、見逃さないようにしたいですね。

今回のルートの注意点は?

今回のポイント

①水戸駅での電車の行き先に注意

②土浦駅での乗り換え時間に注意

③土浦駅でのバス乗り場に注意

今回の注意点は3つ。

特に、土浦駅でのバスルートには充分に注意してほしいところ。

ぜひ事前に確認を。

水戸駅での電車の行き先に注意

まず、電車ルートの水戸駅から稲田駅までの注意点。

石切山脈を経由したい場合は、「小山」行きに乗って行くことになります。

東京方面への電車に乗ってしまうと、土浦駅方面に行ってしまうので注意を。

土浦駅での乗り換え時間に注意

茨城県 霞ヶ浦総合公園

土浦駅は結構な広さを誇る駅です。

バスターミナルまでも距離があるので、15分ほど確保して乗り換えすることをオススメします。

土浦駅でのバス乗り場に注意

茨城県 霞ヶ浦総合公園

土浦駅にあるバスターミナルは、かなりの広さがあるので迷いやすいところがあります。

今回使用するのは、1番のりば。

行き先は「江戸崎か阿見中央公園行き」に乗れば間違いありません。

茨城県 霞ヶ浦総合公園

また、降りるバス停は「大岩田二区」になります。

土浦駅から10分ほどで「大岩田二区」に到着するので、すぐ着いてしまうほど。

バスで座ることをためらうほどの短さです。

最後に

茨城県 霞ヶ浦総合公園

如何でしょうか。

水戸駅から西の石切山脈も楽しみつつ、少し南にある霞ヶ浦総合公園の景色も楽しめるルートを紹介しました。

この2つの絶景を味わっても、まだ時間が余るほど。

かなり余裕を持って旅が出来るルートとなっていますので、ぜひ参考にしてください。

では、旅の道中には気をつけて。

良い旅路を。

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事