日本一低い山まで仙台駅からバスで行ってみよう。宮城県の日和山への行き方。
宮城県 日和山

※2021年10月時点の情報

こんにちは。

世界の地図を書き直す男、タニモトショウタロウです。

さて、今回紹介するのは、宮城県の日和山。

標高3mを誇る山で、日本一低い山として知名度のある山。

そんな場所へと、今回は「仙台駅からバスと徒歩で行くルート」を試してみました。

ぜひ、参考にしてください。

宮城県の日和山とは?

宮城県 日和山

日和山(ひよりやま)は、宮城県仙台市宮城野区蒲生にある標高3mの山。1991年から1996年まで、2014年4月9日から再び国土地理院に「日本一低い山」であると認められていることで知られる。

仙台市北東端の太平洋・仙台湾に面した場所にあり、七北田川河口の北側、蒲生干潟の西に位置する築山。

引用元: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(日和山(仙台市))

一時は別の場所へと日本一の座が譲られましたが、今は元に戻ったとか。

登山道は約5段の道のりのみ。

体力がない方でも簡単に登山が出来る場所となっています。

宮城県 日和山

オススメは堤防上から見える日和山。

この日和山の低さを分かるのもありますが、周辺に広がる景色も合わせて見ると、この場所は日和山だけではないと改められます。

日和山の現地情報について

現地の滞在時間約20分(食事なし)
現地周辺の食事場所なし
現地周辺のバスルートあり

まず、滞在時間について。

バスの時間もあり、今回は短い時間での滞在に。

ですが、日和山周辺は見れる範囲が限られているので、30分もあれば充分に楽しめます。

次に、食事場所について。

日和山周辺には食事する場所はありません。

周辺には運搬会社の施設くらいしかありませんでした。

ですが、バス停近くから徒歩5分くらいの距離にコンビニがあります。

バスの待ち時間くらいであれば、充分に利用できる場所にあります。

もし小腹が空くようであれば、バス停近くのコンビニに行きましょう。

最後に、バスルートについて。

日和山の近くへといくバスルートは無く、徒歩30分ほど離れた距離にバスルートがあるといった感じに。

本数は充分にありますが、バス停から少し歩くことを頭に入れてもらえれば。

今回試したルートは?

・全体図

宮城県 日和山

・拡大図

宮城県 日和山
時間・バス 35分(仙台駅前〜中野新町)
・徒歩 35分(中野新町〜日和山)

合計 1時間10分
金額・バス 510円(仙台駅前〜中野新町)
・徒歩 0円(中野新町〜日和山)

合計 510円

今回試したルートは、「仙台駅からバスと徒歩で行くルート」

仙台駅からバスで行けるところまで進み、終点のバス停から歩くといったルート。

まず、時間について。

1時間10分と、1時間ちょっとかかるこのルート。

実は、バスルートも徒歩ルートもほぼ一緒の時間で行けてしまいます。

ですが、徒歩ルートが思ったよりも時間がかかったルートでした。

なので、50分ほど確保して歩くことをオススメします。

最後に、金額について。

片道510円と、かなり格安な値段で行けるルート。

今回では以前の記事からの翌日で行ったのもあり、「仙台まるごとパス」を使ってタダで行けるようになりました。

ですが、日和山のみだけという話なら、お得切符系は使わなくても充分に安く行けます。

他の場所も回る予定があれば、「仙台まるごとパス」の存在を忘れないようにしましょう。

今回のルートの魅力は?

今回のポイント

①バスの本数が多い

②徒歩ルートが歩きやすい

③帰りのバスルートは2種類のどちらかで帰れる

バスルートに魅力があるルートとなっています。

特に、バスの本数が少しでもあるのは非常に助かります。

ぜひ、参考にしてください。

バスの本数が多い

宮城県 日和山

1時間に1本という本数ですが、2〜3時間に1本よりはマシかと。

平日や休日のどちらかでも、本数は変わらずあるルートです。

これは非常に助かりますよね。

徒歩ルートが歩きやすい

宮城県 日和山

バス停から日和山までのルートは、これでもかというくらい道が平坦で歩きやすかった。

ただし、道中には運輸会社や工場しかありません。

なので、景色を楽しむというのは出来ないので注意。

帰りのバスルートは2種類ある

宮城県 日和山

仙台駅か陸前高砂駅のどちらかへと行くバスルートがあります。

今回の旅では平日に行ったのもあり、帰り道は陸前高砂駅までバスで行くルートで帰りました。

このルートでは、1つ乗り換えが発生する手間がありますが、金額は100円ほど安くできるルートなっています。

土日行くとバスの本数が少ないのがデメリットですが、仙台駅へのバスルートと選択して使えるのはありがたいですね。

今回のルートの注意点は?

今回のポイント

①仙台駅でのバス乗り場に注意

②日和山までの徒歩ルートに注意

この2点さえ気をつければ全く問題ないかと。

ぜひ、事前に確認を。

仙台駅でのバス乗り場に注意

宮城県 日和山

ただでさえ仙台駅は広い。

バスターミナルも幾つか存在していて、どのバスターミナルか分からないことになっています。

今回使用するのは、仙台市交通バス。

それだけでも多いので、今回の旅ではバス乗り場と行き先を確認しましょう。

バス乗り場は「50番乗り場」で、行き先は「蒲生(中野新町)」になります。

このバス乗り場では、他のルートへと行くバスがあります。

バス乗り場と行き先を間違えないようにしましょう。

日和山への徒歩ルートに注意

宮城県 日和山

バス停から真っ直ぐへと進むと、斜め後ろへと入る交差点があります。

ここで右折して入れば日和山の入口へと辿り着けるわけですが。

看板などがないんですね、はい。

ポイントは、斜め後ろへと入る交差点です。

徒歩ルートの最後の方で出てくるポイントになるので、しっかりと曲がるポイントを確認しましょう。

最後に

宮城県 日和山

如何でしょうか。

仙台駅からバスで行けるルートはありましたが、バス停からも距離があるというルート。

ルート自体はそこまで難しくないですが、とにかく時間がかかるルートだということを、事前に認識してもらえれば幸いです。

では、旅の道中には気をつけて。

良い旅路を。

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事