宮城県が誇る観光スポットへ電車を使っていってみよう。宮城県の福浦島への行き方。
宮城県 福浦島

※2021年10月時点の情報

こんにちは。

世界の地図を書き直す男、タニモトショウタロウです。

さて、今回紹介するのは、宮城県の福浦島。

色んな角度から宮城県の有名観光地である松島を楽しめるので、今回は「福浦島」をピックアップ。

仙台駅から1時間以内で行けるスポットとなっています。

ぜひ参考にしてください。

宮城県の福浦島とは?

宮城県 福浦島

福浦島(ふくうらじま)は、宮城県の松島群島の島の一つである。対岸とは歩行者用の福浦橋で結ばれている。松島湾の奥。松島海岸や五大堂のほど近くに位置する、直径330mほどの島で、面積は6ヘクタールほど。島の北西から本土に橋が架けられている。北側は大きく湾入し、コの字型を形成する。島内の湾の奥は斜面になっており、花壇などのある多目的広場となっている。島内には温帯植物北限のものや亜熱帯植物など130種あまりの樹木と200種あまりの野草が自生し、島全体が県立自然公園に指定されている。島内は散策路が整備され、東部に茶屋や弁天堂、南西の岬には見晴台が設置されている。

引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(福浦島)

本来であれば松島全体を紹介するべきだったが、今回はその一部分。

1番松島に行ったと思える場所へ、今回は行ってみました。

宮城県 福浦島

福浦島内での散策では自然が溢れているので、充分に散策が楽しめます。

また、福浦島から見える松島の景色もじっくりと味わえます。

宮城県 福浦島

オススメの絶景ポイントは、福浦島に入らずにそのまま東へと進んだ場所。

島へとかかる赤い橋と、海の上にポツンと浮かぶ福浦島がベストマッチな場所となっています。

宮城県 福浦島

また、時間があれば「新富士展望台」まで行くのもオススメ。

福浦島から徒歩15分の場所にある展望台で、ここから見える福浦島はもちろん、松島の景色を一望できます。

近くには展望台があるので、ここから見える景色も合わせて楽しんでほしい。

福浦島の現地情報について

現地の滞在時間約3時間30分(食事あり)
現地周辺の食事場所あり
現地周辺のバスルートなし

まず、現地の滞在時間について。

これは新富士展望台、福浦島、松島海岸周辺の食事を楽しんで、この時間に。

福浦島だけであれば、1時間で散策出来ます。

ただし、他にも回りたいとなると半日はしっかりと無くなります。

時間の管理には充分に注意を。

次に、現地の食事について。

流石は有名観光地、松島。

福浦島近くにも軽食屋がありますが、「松島海岸駅」へと行くルートに沢山あります。

これでもかというくらい、レストランの数が非常に多いです。

宮城県 福浦島

オススメは、牡蠣入りカレーパン。

牡蠣の甘みとカレーパンの生地が絶妙なバランスを誇っていて、とても美味しかったです。

最後に、現地周辺のバスルートについて。

松島駅、松島海岸駅の前にはバスやタクシーはありましたが、福浦島近くまでバスがあるかどうかはわかりませんでした。

ですが、どちらの駅からでも徒歩で充分に行ける距離。

ここは歩きましょう。

今回試したルートは?

・全体図

宮城県 福浦島

・拡大図

宮城県 福浦島
時間行き
・電車 25分(仙台駅〜松島駅)
・徒歩 30分(松島駅〜福浦島)

合計 55分

帰り
・徒歩 15分(福浦島〜松島海岸駅)
・電車 40分(松浦海岸〜仙台駅)

合計 55分
金額行き
・電車 420円(仙台駅〜松島駅)
・徒歩 0円(松島駅〜福浦島)

合計 420円

帰り
・徒歩 0円(福浦島〜松島海岸駅)
・電車 420円(松浦海岸駅〜仙台駅)

合計 420円

今回試したルートは、「仙台駅から電車と徒歩で行くルート」

1時間もあれば簡単に行けるルート。

また、福浦島へのルートは2種類のルートがあります。

どちらのルートで行っても同じ時間で辿り着けるので、好みに合わせて検討してもらえれば。

オススメは松島海岸駅からのルート。

今回の旅で2つのルートを試した結果、歩きやすさで松島海岸駅からのルートが勝ちました。

最後に、金額について。

金額が片道420円と、安いのもありがたいですよね。

往復1000円で宮城県の有名観光地に行けるのは、とてもありがたい。

また、福浦島への入場料は200円。

そこまで高額な入場料ではないですが、予め予算を確保しておきましょう。

今回のルートの魅力は?

今回のポイント

①電車の本数が多い

②片道500円で松島へと行ける

③徒歩ルートが歩きやすい

今回のルートの魅力は、主に電車ルート。

ここまで魅力あるのは嬉しいところ。

ぜひ、参考にしてください。

電車の本数が多い

宮城県 潟沼

まず最初にくる魅力はこのポイント。

1時間に2〜3本以上で運行されており、とても利便性のあるルートとなっています。

また、松島海岸へと行くルートとなっても、本数は同等にあります。

なので、どのルートを使っても本数があるというのは有り難いですよね。

片道500円で松島に行ける

ここまで安く行けるルートだとは。

もう少しかかると思っていましたし、仙台駅から距離があると思っていたので。

乗車時間は約30分、片道420円と非常にコスパの良いルートです。

徒歩ルートが歩きやすい

写真が無くてすみません。

これは松島駅、松島海岸駅のどちらから歩いたとしても、同じ魅力を味わうことができます。

急な坂道もなく、とても歩きやすい道のり。

しかし、松島駅から歩くとなると道幅が狭くなるので注意。

道幅が広く、食事も楽しみたいという方には「松島海岸駅」から行くことをオススメします。

今回のルートの注意点は?

今回のポイント

①仙台駅での乗る電車に注意

②福浦島への入口に注意

今回の注意点としては、主にこの辺りかと。

この2つさえ抑えれば、ほぼ問題ありません。

ぜひ、参考にしてください。

仙台駅での乗る電車に注意

宮城県 福浦島

福浦島へと行く方法は、主に2つ。

松島駅へ行くか、松島海岸へと行くか。

どちらを使っても料金は変わることはありません。

ですが、松島駅ルートを使う人には注意が必要です。

今回使用する電車は、「小牛田駅行き」か「一ノ関駅行き」のどちらかにしましょう。

間違っても「利府駅行き」に乗ることはないように。

この電車に乗ってしまうと、松島への道のりが難しくなるので、行き先には注意を。

福浦島への入口に注意

宮城県 福浦島

そこまで難しくないルートではありますが、ここが少し危ないかと。

目印となる看板等はないので、福浦島へと行く場合には注意を。

宮城県 福浦島

時差式信号のある場所に入り、そのまま海岸線に沿って歩けば、「カフェベイランド」が見えます。

この建物が受付となりますので、この建物を目指して行けば問題ないかと。

最後に

宮城県 福浦島

如何でしょうか。

宮城といえばここと、自信を持って言えるスポット。

1人でも多くの方が福浦島へと赴き、色んな角度で松島観光を楽しんで頂ければ。

では、旅の道中には気をつけて。

良い旅路を。

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事