秋田県の内陸側から入る電車ルート。山形県から秋田県への横断方法について。
山形県 秋田県 横断方法

※2021年9月時点の情報です。

こんにちは。

まだ見ぬ絶景を求めて、旅をする旅人。

アマミヤタロウです。

さて、今回紹介するのは、山形県から秋田県への横断方法について。

山形県からとなると、パッと思いつかないことがあるかと。

今回は、日本海側から特急で秋田市内へと行くルートではなく、別のルートで試してみました。

そのルートとは、山形県の鶴岡市内から秋田県の内陸へと行く奇抜なルート。

ぜひ、参考までに見ていただければと思います。

秋田県の全体地図を見てみよう

山形県 秋田県 横断方法

まず、秋田県の県庁所在地がどこにあるか。

場所は秋田県の真ん中で、隣には日本海が。

新潟県の県庁所在地と、場所が似ていますね。

山形県 秋田県 横断方法

では、この秋田県へは、どういった入り方があるのか。

入り方としては、海沿いから入るか、内陸側から入るかの2種類。

1番オススメするのは、日本海沿いから特急列車で行くルート。

このルートは、新潟県から特急一本で秋田県まで行けるので、新潟県から横断することも可能。

本来であれば、この日本海沿いにある路線を使って、横断するのが1番のオススメ。

ですが、今回は秋田県の内陸側である、横手市方面から入るルート。

このルートは、秋田県の内陸にある湯沢温泉や、田沢湖へと行くくらいにしか使わないのでは。

今回では、秋田県への横断方法は一つではない、という点をしっかりと皆さんに伝われば幸いです。

今回試したルートは?

山形県 秋田県 横断方法
時間片道 約4時間(鶴岡駅〜十文字駅)
金額2310円

では、今回試したルートについて、見てみましょう。

今回試したルートは、山形県鶴岡市内から、秋田県横手市へと横断するルート。

本来であれば、横手市を拠点にする予定でした。

ですが、お金の事情により、十文字駅近くで宿を取ることに。

後から後悔することになるのですが、移動時間が4時間とかなりかかりました。

こればかりは仕方ないところはありますが、もしこの乗車時間がきついのであれば、日本海側の秋田市直行ルートを使った方が良いかと。

金額については、秋田県の南端までとなるので、比較的安く行けます。

ですが、ここから定価で秋田県を回ろうとすると、かなり痛い目に合います。

そんな目に合わないように、期間限定で周回できる切符があります。

それが、JRが販売している「北海道&東日本パス」です。

山形県 秋田県 横断方法

7日間連続使えて、値段は11330円。

1日あたり2000円分移動すれば、この金額以上に予算を抑えることが出来ます。

ぜひ、期間を合わせて使ってみてください。

このルートの注意点

山形県 秋田県 横断方法

この横断ルートを利用する際には、2つほど注意点が。

1番は、余目駅から新庄駅までの電車の本数。

ここの路線が本当に本数が少なく、一本の電車乗り過ごしで、旅に大きく支障が出ます。

後は、電車の乗り換えが多さ。

ここまで来ると、特急を使えばよかったと後から思いましたね。

では、早速詳しくみていきましょう。

余目駅から新庄駅までの電車の本数に注意

山形県 秋田県 横断方法

この本数を見てもらえると、なぜこのルートに注意するかどうか分かりますよね。

そう、夕方は1時間に1本と本数はありますが、午前中は2時間に1本と本数が減ります。

鶴岡駅から酒田駅までのルートなら、電車の本数が1時間に1本とあります。

ですが、山形県の内陸側へと入る時には本数が減るので、充分に注意しましょう。

電車の乗り換えの多さに注意。

山形県 秋田県 横断方法

この乗り換えの多さ。

余目駅に関しては、新庄駅までの本数が少ないので、ここで間違えてしまうと時間のロスに。

新庄駅での乗り換えでも、向かい側のホームまで移動して乗るといった手間が。

このルートを使う時には、時間に余裕を持って行動しましょう。

最後に

山形県 秋田県 横断方法

如何でしょうか。

山形県から秋田県の内陸地へと横断するルートを、詳しく書いてみました。

正直に言ってしまうと、あまりオススメできるものではありません。

ですが、このときは秋田市内の宿が全て埋まっていた状況。

その場合であれば仕方ないですよね。

秋田県の内陸側へと入れば、いくつか宿はあリました。

秋田市内に宿が無かった時の、最終手段として検討してもらえれば幸いです。

では旅の道中には気をつけて。

良い旅路を。

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事