クラゲ展示数世界一の水族館まで、駅からバス一本。山形県の加茂水族館への行き方。
山形県 加茂水族館

※2021年9月時点の情報です。

こんにちは。

まだ見ぬ絶景を求めて、旅をする旅人。

アマミヤタロウです。

さて、今回紹介する場所は。

クラゲ展示数世界一の水族館、加茂水族館。

そんな魅力の水族館へ、どうやって行くか。

今回は、鶴岡駅からバスで行けるルートで試してみました。

ぜひ、参考にしてください。

山形県の加茂水族館とは?

山形県 加茂水族館

鶴岡市立加茂水族館(つるおかしりつ かもすいぞくかん)は、山形県鶴岡市にある、同県唯一かつ市立の水族館である。

同館は旧加茂町の中心部に近い、日本海に面した岬に建っている。

愛称は「クラゲドリーム館」。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

よくInstagramなどで知られているのは、「クラゲドリームシアター」の景色かと。

この景色を見に来る人が、後を絶えないほど来るとか。

山形県 加茂水族館

また、ここがクラゲだけの水族館ではありません。

他にもいろんな生物がおり、アシカのショーも楽しめる場所もあります。

普通に水族館として、楽しめるかと。

山形県 加茂水族館

屋上行けば、展望台が。

ここでは、加茂水族館の近くにある漁港や日本海が一望できます。

近くにある荒埼灯台は、水族館から離れた場所に。

もし登る際には、水族館から出てから灯台へと登る形に。

なので、水族館で楽しんだ後に、荒埼灯台に登るようにしましょう。

加茂水族館の現地情報について

現地の滞在目安時間約2時間(食事あり)
現地周辺のバスルートあり。
今回試したルートに詳細を記載。
現地周辺の食事場所あり。(コンビニはなし)
・水族館内に軽食屋がある。

さて、地図と情報を確認してみましょう。

場所としては、鶴岡市内から西へと離れた場所。

日本海が目の前という場所にあります。

こんな離れた場所まで、バスがあるのかどうかも不思議でした。

ですが、調べたところ、加茂水族館の目の前まで走るバスルートが。

例え場所が離れていても、バスルートがあるのは助かりますね。

現地の滞在時間は2時間。

水族館内をかなりゆっくりと回って、この時間に。

なので、2時間もあれば充分に回れる場所ということに。

現地の食事場所は、水族館内の軽食スペースのみ。

水族館周辺を歩いてみましたが、それらしき場所はなかったので。

また、水族館内の軽食スペースは、席数が少ないです。

混雑する場合もあるので、時間帯を外して食事を済ませることをオススメします。

今回試したルートは?

山形県 加茂水族館
時間片道 約1時間(鶴岡駅前〜加茂水族館)
金額2000円(バス乗り放題券と入場料)

今回試したルートはこちら、鶴岡駅からバスで行くルート。

バスで1時間かかるのは、仕方ないかと。

とにかく、加茂水族館の目の前にバス停があるのは、このルートの最大の魅力。

降りるバス停も分かりやすく、アクセスも問題なし。

これほどの好アクセスはないでしょう。

ただし、乗るバスを間違えると、加茂水族館を経由しないルートへと行くことに。

詳細は注意点に書きましたので、最後まで読んで頂ければと。

最後に、金額について。

加茂水族館の入場料は1000円。

この入場料については、普通の人ではこれ以上に割引効かないので、良しとしましょう。

そして、バスの運賃は片道760円。

往復すると、1520円とちょっと高めに。

ですが、鶴岡市内で使えるバス乗り放題切符を使うと、520円分安く抑えることが可能。

必ず、このルートを使う前に購入することをオススメします。

このルートの魅力は?

山形県 加茂水族館

このルートの魅力は、バス一本で加茂水族館前まで行けること。

そして、降りるバス停も分かりやすいと、これ以上もないアクセスの良さ。

ぜひ、加茂水族館へはバスルートを使ってくださいと言わんばかり。

行く前の参考になれば。

バス一本で加茂水族館前まで行ける

山形県 加茂水族館

このルートは、バス一本で行ける魅力だけで使うべきだと、胸を張って言えます。

むしろ、車以外でいくのであれば、このバスルートのみしかないのではと。

乗り換えなしで現地近くまで行けるのは、有難い話ですよね。

降りるバス停がわかりやすい

山形県 加茂水族館

バス一本で行けて、降りるバス停もわかりやすい。

こんなことがあって良いのでしょうか。

降りるバス停は、加茂水族館。

降りる目安としては、海沿いにある学校を通り過ぎた辺りが目安かと。

まあバスのアナウンスもあるので、問題ないかなと。

このルートの注意点は?

山形県 加茂水族館

このルートの注意点は、とにかくバスの乗り間違いに注意すること。

バスの行き先が一緒なので、間違えて乗る可能性があるので。

もう一つは、バスの本数の変動。

平日に行けば本数はありますが、休日になると極端に減ります。

事前にバスの時間に確認を。

最後に、バス乗り放題券を購入しないと、ちょっと予算がかかってしまうこと。

ぜひ、いく前には確認をしましょう。

鶴岡駅でのバスの乗り間違いに注意

山形県 加茂水族館

鶴岡駅前にはバス停が2つあり、ここでの乗り間違いは大丈夫かと。

ですが、本題はここではありません。

バスの乗り場は2番乗り場。

この2番乗り場にて、バスの行き先は「湯野浜温泉」であることを確認します。

ですが、湯野浜温泉へと行くバスには、2種類のバスがあります。

ここで、経由地が「加茂水族館」を含んでいないバスに乗ると、加茂水族館へと行くことが出来なくなります。

ここでは、行き先が「湯野浜温泉」と表示されていても、経由地が「加茂水族館」が含まれていることを、バスの案内表示や運転手へと確認しましょう。

バスの本数に注意

山形県 加茂水族館

平日なら1日8本と多い。

ですが、休日ダイヤになると1日5本へと本数が減ります。

バスの間隔も、2時間に1本と本数がかなり減ります。

土日祝や長期休暇中に行くときには、充分にバスの時間を確認しておきましょう。

バス乗車前に、乗り放題券を購入しよう

山形県 加茂水族館

「つるおか1日乗り放題切符」を使うことによって、運賃をより安くすることが。

また、この乗り放題券には3種類あります。

今回の場合は、1000円の乗り放題券を購入すれば、加茂水族館を含む区間が乗り放題に。

通常の金額は、片道760円で、往復にすると1520円。

この金額で行っても問題ないですが、せっかく安く行ける手段があるので、ここは使いましょう。

最後に

山形県 加茂水族館

如何でしょうか。

クラゲ水族館とも知れ渡っている、加茂水族館。

乗るバスには注意点がありますが、この注意点さえ気をつければ、問題なく行けます。

加茂水族館へと行く際には、現地のバス状況を確認してから行くことをオススメします。

山形県 庄内砂丘

また、余った時間があれば、バスの最終目的地である、湯野浜温泉まで行くのも。

温泉に入れるかどうかは分かりませんが、近くの海水浴場で、海を間近にみることが出来ます。

こちらも、余った時間の有効活用になればと。

では旅の道中には気をつけて。

良い旅路を。

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事