温泉街の上にある展望台へ行ってみよう。山形県の蔵王中央ロープウェイへのバスでの行き方。

※2021年9月時点の情報です。

こんにちは。

まだ見ぬ絶景を求めて、旅をする旅人。

アマミヤタロウです。

さて、今回紹介する場所は。

山形県の東に位置する蔵王温泉街から、さらに上への展望台へとつながる場所、蔵王中央ロープウェイ。

そもそもこの蔵王中央ロープウェイの付近は、主にスキー場として使われることが多い場所。

スキー場として使用しない夏には、ハイキングコースとして開放してます。

そんな魅力のある蔵王中央ロープウェイへ、車以外でのアクセスはどうなっているか。

今回では、山形県からバス一本で行けるルートがあり、このバスルートを試してみました。

ぜひ、参考にしてください。

山形県の蔵王中央ロープウェイとは?

あいにくの天気で、山形市内までは見えませんでしたが。

しっかりとした晴天の日には、蔵王温泉街だけではなく、山形市内の町並みまで見えます。

山形県 蔵王中央ロープウェイ

ロープウェイから降りた先には、数多くのハイキングコースが。

5km以上歩くコースもあれば、2km未満で軽く回れるハイキングコースも。

かなりのアップダウンがあるので、ハイキングコースが非常に楽しめるかと。

ですが、ハイキングコースの地面は、舗装された道ばかりではありません。

充分に足元には注意をし、歩きやすい靴で行くことをおススメします。

山形県 蔵王中央ロープウェイ

ロープウェイ駅から下へと進むと、小さな湖が。

これは「ドッコ沼」と呼ばれる沼。

標高1264mの場所にある、エメラルドグリーンの色に輝く湖です。

ドッコ沼までは徒歩で約10分で行ける距離。

ロープウェイ駅から、とても行きやすい場所になってます。

もし散策する予定が無ければ、このドッコ沼まで散策しては如何でしょうか。

蔵王中央ロープウェイへの行き方は?

さて、地図を見てみましょう。

蔵王中央ロープウェイは山形駅の南東にあり、宮城県の県境がすぐそば。

標高1000m以上の場所に行くので、これだけの山奥なのは理解できますね。

山形県 蔵王中央ロープウェイ

ということで、今回使用したルートを見てみましょう。

蔵王中央ロープウェイ近くには、蔵王温泉街があり、バスターミナルがあります。

山形駅からこのバスターミナルまで、直通のバスが出ていることが判明。

バスの本数も問題なかったので、山形駅から行くことに決定しました。

ということで、今回試したルートは、山形駅からバスで行くルート。

ぜひ、参考にしてください。

このルートの魅力は?

このルートの魅力は、バス一本で蔵王温泉街まで行ける魅力や、バスの本数が多いこと。

このアクセスの良さ、ぜひ知って欲しいです。

山形駅からバス一本で行ける。

山形県 蔵王中央ロープウェイ

一番の魅力は、このアクセスの良さ。

山形駅からバス一本で行けるのが一番ですね。

そして、このバスに乗る為には、事前に乗車券を買う必要性が。

この乗車券の購入場所は、1番乗り場(蔵王温泉行きの乗り場)の近くにあるバスセンターにて、購入が出来ます。

また、乗車券の購入は窓口でも可能ですが、窓口近くの券売機でも購入は可能。

ただし、券売機はバスセンター内にあるので、営業時間外になると使えないので注意。

この場合は、事前にバスセンターで購入する事になります。

バスの本数が多い。

山形県 蔵王中央ロープウェイ

1時間に1本と、バスの本数は多め。

この本数の多さも、このバスルートの魅力の一つですね。

午前に移動しても、午後に移動しても良し。

旅の予定が合わせやすくなるかと。

このルートの注意点は?

注意点は大きく2つ。

ロープウェイの乗り間違いと、乗車券の運賃について。

一番注意してほしいのは、ロープウェイの乗り間違いかと。

次の注意点で詳しく書いてます。

行く前には充分に確認を。

ロープウェイの乗り間違いに注意。

山形県 蔵王中央ロープウェイ

蔵王には、3つのロープウェイが。

・蔵王スカイケーブル

・蔵王中央ロープウェイ

・蔵王ロープウェイ

以上の3つがあります。

今回、乗るロープウェイは蔵王中央ロープウェイ。

蔵王温泉バスターミナルから南に向かって徒歩5分の場所にあるので、間違える事は無いかと。

そのまま行き過ぎると、蔵王ロープウェイに着いてしまいます。

ロープウェイの乗り間違いには注意が必要です。

バスやロープウェイの乗車券の運賃に注意。(期間限定)

山形駅から蔵王温泉バスターミナルまで、片道1000円、往復にすると2000円。

蔵王中央ロープウェイの乗車賃は、往復で1500円。

そのままで乗ってしまうと、3500円とかなりの高額に。

この高額な金額を少しでも抑えたいという方にピッタリの切符が。

それが、バスと蔵王中央ロープウェイの往復券がセットになった切符。

この切符の金額は3200円になるので、300円安く行けます。

ロープウェイの利用時には、窓口に行って引き換えする必要がありますが、バスの乗車時には引き換え必要なしで乗れます。

この利便性で考えると、買った方がお得かと。

※この切符は期間限定(2021年6月~11月頭まで)の切符です。

期間外で行くのであれば、公式サイトから割引クーポンを発行するか、JAF会員、モンベル会員などの会員割引を使うことをおススメします。

最後に

山形県 蔵王中央ロープウェイ

如何でしょうか。

展望台から見える山形の蔵王温泉街の景色と、山頂付近で楽しめるハイキングコース。

さらには、山形駅からバス一本と、誰でも簡単に行けるアクセスの良さとなってます。

ぜひ、山形県に行った時の旅のプランに、組み込んでは如何でしょうか。

では旅の道中には気をつけて。

良い旅路を。

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事