日本最北端の駅から日本最北端の地へバスで行ってみよう。北海道の宗谷岬への行き方。
北海道 宗谷岬

※2021年10月時点の情報

こんにちは。

まだ見ぬ絶景を求めて、旅をする旅人。

アマミヤタロウです。

さて、今回紹介する場所は、日本最北端の地、宗谷岬。

日本人かつ旅人たちが、誰もが1度は行ってみたいと思うような場所。

そんな場所へ、今回はバス1本で行けるルートを紹介していきます。

電車や高速バスで来た方への、最適なルートになるかと。

ぜひ、参考にしてください。

北海道の宗谷岬とは?

北海道 宗谷岬

日本の本土における最北端の地であり、私人(一般人)が通常訪れることのできる最北端の地になっている。なお、日本国政府の実効支配が及ぶ範囲における最北端の地は宗谷岬の沖合い西北西約1 kmに位置している無人島の弁天島であり、領有権を主張する範囲における最北端の地は択捉島にあるカモイワッカ岬である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(宗谷岬)

旅人なら誰もが目指す、宗谷岬。

ここでは自転車やバイク、車などで日本最北端を目指した旅人が沢山いました。

北海道 宗谷岬

宗谷岬の魅力は、このワイドに広がる海色。

周辺が海岸沿いということもあり、見渡す限り全て青色の景色。

これを絶景と言わずに、何と言うべきでしょうか。

北海道 宗谷岬

宗谷岬にはまだまだ魅力があります。

宗谷岬から南へと登ったところに、小さな展望台が。

ここから見る宗谷岬の景色も絶景。

折角ここまで来た訳ですから、この絶景もセットで見て欲しいです。

北海道 宗谷岬

そして、朝一番のバスで来たのなら、宗谷丘陵まで行ってほしい。

何もない景色が続きますが、この何もなさが魅力だと感じます。

ただし、この丘陵をくまなく散策しようとなると、時間が足りなくなります。

時間が許す限り、この緑広がる世界を歩いてほしいです。

宗谷岬の現地情報

現地の滞在時間約4時間(食事あり)
現地周辺の食事場所あり
・宗谷岬近くに売店がある。
・南の階段を登った先にラーメン屋がある。
現地周辺のバスルートあり
・今回試したルートにて詳細を記載

この滞在時間は、宗谷丘陵の散策時間を含めた時間に。

宗谷岬のランドマークだけなら、30分確保すれば問題ありません。

ですが、宗谷岬周辺には様々な絶景が。

この絶景を余すことなく見てほしいので、3時間ほど確保して散策してほしい。

また、稚内が観光スポットとして誇る「白い道」

宗谷岬から行こうとすると、距離としては約8kmとなるので、2時間ほどかけて移動することに。

2時間と時間をかけてしまうと、バスの時間に間に合わなくなるので、注意が必要です。

もし、「白い道」へと行くのであれば、宗谷岬から一方通行でいくことをオススメします。

そのまま海岸へと抜けて行けば、海岸沿いにあるバスルートに辿り着けます。

ぜひ、時間と体力を確保して、「白い道」まで散策してみては如何でしょうか。

次に、現地の食事場所について。

宗谷岬には、数多くの海鮮料理屋がありましたが、ほぼ営業してませんでした。

営業していたのは、宗谷岬から南へと進んだ場所にある、ラーメン屋のみ。

もし宗谷岬周辺で食事を済ませたい方は、このラーメン屋で済ませましょう。

最後に、バスルートについて。

稚内市内の移動であれば、バスルートは活発にあります。

ですが、宗谷岬へのルートとなると、1日4本と本数が極端に減るので、注意が必要。

タクシーを使えば問題ないですが、バスしか使えない方は注意が必要です。

今回試したルートは?

北海道 宗谷岬
時間・バス 50分(稚内駅〜宗谷岬)
合計 50分
金額・バス 1420円(稚内駅〜宗谷岬)
合計 1420円

今回試したルートは、「稚内駅からバスでいくルート」

バスの本数は1日4本と少ないですが、宗谷岬へと1時間以内で行けるのは有り難い話ですよね。

そして、金額について。

今回の場合、稚内〜宗谷岬までのお得切符があるので、事前に窓口で購入することをオススメします。

金額は2560円と、ただ往復するだけより280円ほど安いです。

宗谷岬だけなら、この切符を購入するのをオススメします。

北海道 宗谷岬

私の場合、もう1つの観光名所「ノシャップ岬」まで行きたかったので、1日乗車券を購入しました。

金額は3000円と、宗谷岬だけを往復するなら少し高額に。

ですが、「ノシャップ岬」まで行くと、3000円を超えるような金額になります。

以上のことから予算を抑えるべく、ノシャップ岬まで行く方には、1日乗車券を購入することをオススメします。

このルートの魅力は?

今回のポイント

①宗谷岬の目の前まで、バスのみで行ける

正直な話、この魅力だけになってしまい、申し訳ない話です。

ですが、この魅力だけでもこのルートを使ってほしいと思うほど。

ぜひ、参考にしてください。

宗谷岬の目の前まで、バスのみで行ける

北海道 宗谷岬

稚内駅前からバス1本で宗谷岬前まで行けます。

降りるバス停も「宗谷岬」と分かりやすいのはもちろん、降りた先に宗谷岬が見えるのが最大の魅力。

バス降りてから楽に行けるのは、魅力になりますね。

このルートの注意点

今回のポイント

①稚内駅でのバス乗り場に注意

②帰りのバスに注意

③バスの運賃が高い

このルートで1番気をつけてほしいことは、帰りのバスについて。

バスの本数が少ないのも気をつけたいポイントですが、1番は帰りのバス。

充分に注意をしてほしいです。

稚内駅でのバス乗り場に注意

北海道 宗谷岬

分かりづらいという訳でもなく、駅から出てすぐにあるので分かりやすい面はあります。

ですが、バス乗り場がターミナル側と国道側分かれているため、注意が必要です。

バス乗り場は「1番のりば」で、「中頓別・音威子府方面行き」になります。

乗り場にも「天北宗谷岬線」と書いてあるので、分かりやすいかと。

帰りのバスに注意

北海道 宗谷岬

バスの本数が1日4本と少ないのは仕方ないとして。

帰りのバスが14時55分とかなり早い時間帯でバスがなくなるのは、まずい話ですよね。

なので、宗谷丘陵まで行ったりしていると、この時間を忘れてしまう恐れが。

宗谷岬に長く滞在する人は、バスの時間にも注意しましょう。

また、短く滞在する人にも注意が必要。

朝1番のバスに乗ったとしても、宗谷岬に着くのは10時30分。

次のバスに乗ったとしても、宗谷岬には14時10分。

以上の2つのバスで短く滞在したとしても、帰りのバスが30分後には来てしまうからです。

以上のことから、1時間以上いる人には、9時30分発のバスに乗ることを強くオススメします。

朝1番のバスに乗ることにより、最初の帰りのバスを逃しても、次があるからです。

安全策を取りたい方には、ぜひ9時30分発のバスをオススメします。

バスの運賃が高い

片道の運賃が1420円と高く、往復すれば2840円と高額に。

ここでは、稚内駅内にある窓口にて、往復割引券を購入することをオススメします。

当時の私は他の場所も行きたかったので、3000円の1日乗り放題切符を購入しました。

ですが、宗谷岬だけという話なら、2560円で購入できる往復割引券があります。

280円と安く購入できるのはもちろん、バス降車時に乗車賃を払う手間も防げます。

ここはぜひ、購入しましょう。

最後に

北海道 宗谷岬

如何でしょうか。

日本最北端の地、宗谷岬へはバスで簡単に行けてしまいます。

稚内へと電車や高速バスで行く方でも、最善かつ最短のルートとなっています。

ぜひ、どんな方にも宗谷岬の景色を楽しんでほしいです。

では、旅の道中には気をつけて。

良い旅路を。

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事