山形県が誇る歴史のある温泉街へバスで行ってみた。山形県の銀山温泉への行き方。
山形県 銀山温泉

※2021年9月時点の情報

こんにちは。

世界の地図を書き直す男、タニモトショウタロウです。

さて、今回紹介する場所は。

景色だけなら何県とは言わなくても、ほぼすべての方が分かるような認知度を誇る、銀山温泉。

様々な種類の温泉宿があり、多くの旅行者がこの銀山温泉へと宿泊しに行きます。

では、この銀山温泉までどうやって行けば良いのか。

近辺には駐車場があるので、車でも問題ありません。

ですが、車無しの方でも、この銀山温泉には行って欲しい。

なので、今回は大石田駅と呼ばれる最寄駅から、バスで銀山温泉へと行ける手段を試してみました。

ぜひ、参考にしてください。

山形県の銀山温泉への行き方は?

山形県 銀山温泉

銀山温泉(ぎんざんおんせん)は、山形県尾花沢市(旧国出羽国、明治以降は羽前国)にある温泉である。

NHK連続テレビ小説『おしん』の舞台となったことで一躍脚光を浴び、全国的にその名を知られることになった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

私の場合は、SNSで写真が回ってきたという形になります。

このレトロな歴史のある景色を一目見ようと、数多くの旅行者が来ます。

山形県 銀山温泉

銀山温泉の魅力は温泉街だけではありません。

温泉街の先へと歩いて行けば、「白銀の滝」と呼ばれる小さな滝が。

小さな滝ですが、近くに行くとテレビの大画面で見るような迫力のある滝です。

ぜひ、時間があればこの滝まで見て欲しい。

山形県 銀山温泉

さらに奥へと進むと、何やらRPGのダンジョンに出てきそうな洞窟の入口が。

これは「銀坑洞」と呼ばれる洞窟。

銀山温泉の地名の由来は、この洞窟から名づけられたとか。

山形県 銀山温泉

中に入ると、そこには考えられないような神秘的な景色が。

階段の上り下りが激しいですが、比較的には問題なく進めるかと。

これで銀山温泉には温泉街だけではない、という事が判明されましたね。

温泉街だけ回ることなく、銀山温泉の自然のある地まで行って欲しいです。

銀山温泉への行き方は?

この位置、まさに秘境ともいえる場所にありますね。

ですが、銀山温泉はかなりの有名な観光地。

そんな場所が、アクセスを難しくしているようには考えられません。

山形県 銀山温泉

では、今回試したルートの地図を見てみましょう。

今回試したのは、山形駅から大石田駅で乗り換え、バスで銀山温泉へと向かう方法。

銀山温泉から、かなり離れた所に駅がありました。

そして、この大石田駅からバスが出ているという情報が。

バスルートで銀山温泉まで一本で行けるということで、このルートに。

ちなみにですが、隣町の尾花沢での乗り換えのバスルートもありました。

ですが、乗り換えの多さに断念しましたので、このルートに。

ここまでの有名な観光地であれば、山形駅から直通のバスはあるのでは、と思いましたが。

探したところ、ありませんでしたね。

ツアーなどに参加すると、直通のバスがあるかもしれません。

では、今回のルートについて、詳しく見ていきましょう。

このルートの魅力は?

魅力としては、山形駅から電車で一本、バスの行先が分かりやすいといった、ルートが明確になっている所かと。

では、この明確なルートの魅力を見てみましょう。

山形駅から最寄駅まで電車一本。

山形県 銀山温泉

最寄駅でバスの乗り換えが発生してしまうので、魅力が半減しますが。

それでも、山形駅周辺で宿をとれば、日帰りで行けるということ。

銀山温泉の雰囲気だけ楽しみ、宿は安く済ませたい、という方にはこのルートはオススメかと。

バスの終点が銀山温泉なので、わかりやすい。

山形県 銀山温泉

乗り換えで乗るバスの行き先は、銀山温泉。

そう、終点まで乗れば間違いなく銀山温泉まで辿り着けます。

大石田駅には色んな路線のバス停があり、迷う恐れがあります。

ですが、その迷いはこのバスの行き先によって、解決されます。

これで乗り換えも問題なく行けるでしょう。

このルートの注意点は?

注意点としては、主にバスルートに注意点が。

バスの本数が少ないことや、バスの運賃についてなど。

しっかりと確認して下さい。

バスの本数は1日6本と少ない

山形県 銀山温泉

一番の注意点は、バスの本数が1日6本と少ないこと。

いくら電車の本数があっても、バスが無ければ銀山温泉へは行けません。

電車の時間も確認するのはもちろん、バスの時間の時間も確認しましょう。

バスの運賃と支払いについて

山形県 銀山温泉

バスの運賃は片道770円、往復にすると1540円。

大石田駅から銀山温泉まで、約40分の道のり。

距離的にもこの金額では、仕方ない所はありますね。

また、バスの運賃払いは現金のみとなってました。

現地では、1000円札しかなくても両替は出来てました。

ですが、出来る限りは小銭で対応できるようにしておきたいですね。

最後に

山形県 銀山温泉

如何でしょうか。

銀山温泉は景色としても温泉街としても、山形県が誇る観光地。

ですが、この銀山温泉まで行くルートには、魅力もあれば注意するポイントがある。

ぜひ確認してから行くことをおススメします。

では旅の道中には気をつけて。

良い旅路を。

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事