日本一の深さを誇る湖へは電車とバスがオススメ。秋田県の田沢湖への行き方。
秋田県 田沢湖

※2021年9月時点の情報

こんにちは。

世界の地図を書き直す男、タニモトショウタロウです。

さて、今回紹介する場所は。

湖の深さでは日本一の深さを誇る、田沢湖。

そんな日本一の記録を持つ田沢湖へは、電車とバスで行くのがオススメ。

かなり難易度の高いアクセスですが、知ってしまえば誰でも行けます。

ぜひ、参考にしてください。

秋田県の田沢湖とは?

秋田県 田沢湖

田沢湖(たざわこ)は、秋田県仙北市にある淡水湖。一級河川雄物川水系に属する。

日本で最も深い湖であり、日本で19番目に広い湖沼である。

その全域が田沢湖抱返り県立自然公園に指定されており、日本百景にも選ばれている景勝地である。

1956年(昭和31年)から2005年(平成17年)まで存在した自治体である田沢湖町の名の由来であり、現在も旧田沢湖町の区域の地名冠称として使われている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本で最も深い湖というのは知っていましたが、広さは19番目というのは初耳ですね。

田沢湖を一周しようとすると、自転車で約2時間かかるほどの広さでした。

秋田県 田沢湖

田沢湖周辺には、昔ながらの定食屋もあれば、自然の溢れる景色も。

周辺の道路も、しっかりと舗装されているので、自転車でも田沢湖を楽しむことができます。

秋田県 田沢湖

田沢湖の半分を進んだところに、「浮木神社」と呼ばれる小さな神社が。

この神社の周辺には、ホテルやレストランなどが充実しており、のんびりと過ごすことができます。

秋田県 田沢湖

浮木神社から北へと進めば、田沢湖名物と言っても過言ではない、「たつこ像」があります。

田沢湖周辺を回るのであれば、ここまで回ってほしい景色です。

秋田県 田沢湖

また、時間や体力のある方は、「田沢湖展望台」まで登ることをオススメします。

道中の坂道が、かなりと言っていいほど時間と体力が削れるルートになっていますが。

秋田県の田沢湖の現地情報は?

現地の滞在目安時間約5時間(食事あり)
現地周辺の食事場所あり(田沢湖のスタート地点とハーフラインに多い)
現地周辺のバスルートあり(本数は少ないが、田沢湖一周できるバスがある)

では、現地の情報を確認してみましょう。

まず、現地の滞在目安時間について。

今回は田沢湖ぐるっと回る手段として、自転車を使いました。

自転車プラス3箇所の観光で、かかった時間が約4時間。

現地にて展望台と食事を楽しんだとはいえ、普通に回ると2時間はかかるのではないかと。

各スポットを回ろうとすると、その回る時間も含めなければいけません。

自転車で2時間、観光スポットを3箇所回ると考えると、5時間くらい確保する必要性があります。

この滞在時間、一日が全て潰れます。

「他のところ回ってから田沢湖を回ればいいや」と考えてしまうと、田沢湖を周回して終わりというケースに。

充分に注意してほしい点です。

食事する場所は、田沢湖の入口と半分回った地点にあります。

沢山あるとはいえませんが、基本的な定食屋や軽食などは済ませられる範囲かと。

現地周辺のバスルートとしては、田沢湖を一周できる周回バスと、今回試したルートである、田沢湖駅から出ているバスがあります。

他にも、秋田駒ケ岳山頂に行くルートや、乳頭温泉へと行くルートがありました。

ですが、このルートは本数が少なかったので、旅の予定に組み込むのを諦めました。

いろんなルートがあるのは、かなりの魅力。

ですが、全てを楽しもうとすると、一日じゃ足りません。

なので、日帰りで楽しむのであれば、田沢湖を回るだけにするのをオススメします。

今回試したルートは?

・電車ルート

秋田県 田沢湖

・バスルート

秋田県 田沢湖
時間片道 約3時間(十文字駅〜田沢湖まで)
※新幹線を使えば、約1時間30分で行ける。
金額行き 新幹線→バス(1930円+370円) 帰り バス→電車(370円+1170円)
合計 3840円

では、今回試したルートですが。

今回試したルートは、「田沢湖駅まで電車を使い、バスで田沢湖へと向かうルート」

このルートの特徴は、途中から新幹線と同じ路線を使うこと。

なので、新幹線の本数が多くなってしまうので、ローカル電車で行こうとすると、時間がかかってしまいます。

バスの本数としては、1時間に1本ほどの間隔で運行しています。

ですが、田沢湖へは経由で通過するバス停となっているので、降りる時には注意が必要です。

金額としては、必然的に電車ルートで予算がとられます。

バスルートに関しては、片道370円と思ったより安く行けるので、ここはありがたいですね。

山形県 秋田県 横断方法

また、当時の自分は、「北海道&東日本パス」で電車ルートのみ安く済ませてました。

田沢湖へのお得切符はなく、期間限定切符で回るしかありませんでした。

ただし、この「北海道&東日本パス」は、普通列車のみ使える切符。

新幹線に乗ろうとすると、乗車券+特急券の運賃がかかるので、新幹線は完全な別料金になってしまいます。

朝イチで早めに田沢湖へと行きたい場合は、この切符を使わずに、新幹線を使うルートで行くことをオススメします。

このルートの魅力は?

・電車ルート

秋田県 田沢湖

・バスルート

秋田県 田沢湖

では、今回のルートの魅力について。

全ての共通点として、田沢湖駅前からバス停まで近いこと、田沢湖駅から田沢湖畔までのバスルートに本数があること。

また、駅前のすぐそばにバス停があるので、乗り換えがスムーズに行くルートとなっています。

このバスルート、ほぼ全てのバスルートが田沢湖を経由するルートとなっているので、かなり利便性のあるルートとなっています。

そして、遠方から来る人には最高の魅力である、新幹線で田沢湖駅まで行ける点について。

秋田市内からや盛岡市内から新幹線一本で行けるのは、遠方から行く人にとっては最大の魅力かと。

田沢湖駅からバス停までの距離が近い

秋田県 田沢湖

田沢湖駅から、バス停までは徒歩3分もあれば辿り着ける距離。

ほぼ目の前にあることから、乗り換えがしやすいルートとなってます。

バス乗り場は、「1番乗り場」

行き先は、乳頭温泉、駒ヶ岳行きに乗れば間違いありません。

ほぼ全てのルートは、田沢湖を経由するルートとなっています。

この利便性の良さも、魅力の一つかと。

田沢湖駅からのバスルートに本数がある

秋田県 田沢湖

電車ルートからの乗り換えだと、乗り換え時間に余裕がなくなる恐れがありますが。

それでも、バスの本数が1時間に1本と多く、田沢湖まで行きやすいです。

また、田沢湖から帰りのバスの本数を見ると、30分に1本のペースでバスが運行しています。

この往復のバスの本数の多さは、とても魅力に感じますね。

新幹線で田沢湖駅まで一本で行ける

秋田県 田沢湖

秋田市内からも、盛岡市内からも新幹線で行ける。

遠方から来る人にとっては、良い魅力かと。

また、本数も1時間に1本と多いのも、魅力の一つですね。

このルートの注意点は?

秋田県 田沢湖

このルートの注意点は、大曲駅から田沢湖駅までの電車ルートに本数が少ないこと。

新幹線なら1時間1本と本数が多いので、問題ないかと。

ぜひ、行く前の参考にしてください。

ローカル電車の本数が少ない

秋田県 田沢湖

この真っ赤に染まる時刻表を見たことがあるか。

この時刻表を見てもらうと、秋田方面からのローカル電車の本数は1日4本。

しかも、本数に偏りがあり、朝早くと夕方前にしかないという本数の偏り。

ここまで来てしまうと、田沢湖まで行くルートに関しては、新幹線で行くことをオススメします。

最後に

秋田県 田沢湖

如何でしょうか。

駅から田沢湖までのバスルートは問題ないですが、電車ルートを使うときには、充分に注意が必要なルートです。

正直な話、予算に余裕があるのであれば、新幹線を使って田沢湖まで移動することをオススメします。

では旅の道中には気をつけて。

良い旅路を。

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事