様々な景色が見れる公園へ、宮古駅から電車で行ってみよう。岩手県の三王眺望公園への行き方。
岩手県 三王眺望公園

※2021年10月時点の情報

こんにちは。

世界の地図を書き直す男、タニモトショウタロウです。

さて、今回紹介するのは、岩手県の三王眺望公園。

海の中そびえ立つ「三王岩」や、ゴツゴツした岩並みで迫力がある「狼打崎」など、魅力が沢山ある場所。

今回では、宮古駅から電車と徒歩で行くルートを試してみました。

ぜひ、参考にしてください。

岩手県の三王眺望公園とは?

岩手県 三王眺望公園

三王岩を含む自然で出来た景色が集まっているのが、この公園。

現地には駐車場がしっかりと整備され、車で来たとしても問題ない場所となっています。

岩手県 三王眺望公園

特にオススメするのは、浪打岩。

ここまでの道のりが、森の中を歩いたりアップダウンが激しい道が続くので、体力が必須になりますが。

その分、他の場所では見れないような絶壁と、絶壁に当たる波飛沫が最高の味を出しています。

また、浪打岩へと降りる階段が崩れている場所がありましたので、散策には充分に注意してください。

三王眺望公園の現地情報

現地の滞在時間約1時間30分(食事なし)
現地周辺の食事場所なし(途中の道の駅で済ませよう)
現地周辺のバスルートなし(道の駅近くまでならある)

まず、現地の滞在時間について。

当時の自分はかなりゆっくり回ったのもあり、1時間30分とかかってしまいました。

三王岩のみ、狼打崎のみという話なら、1ヶ所30分で問題なく回れます。

次に、食事場所について。

現地周辺には食事する場所がないので、予め済ませる必要があります。

今回の場合だと、最寄駅から徒歩10分の場所にある「道の駅たろう」で済ませるのがオススメ。

コンビニや出店などが揃っているので、問題なく済ませられるかと。

最後に、バスルートについて。

公園近くまで行くバスルートはありません。

ただ、道の駅たろうの近くには、宮古駅からバスルートがありました。

バスの本数は1時間に1本と多めにありましたが、今回は使用しない方向に。

今回試したルートは?

・電車ルート

岩手県 三王眺望公園

・徒歩ルート

岩手県 三王眺望公園
時間・電車 25分(宮古駅〜新田老駅)
・徒歩 40分(新田老駅〜三王眺望公園)
合計 1時間5分
金額・電車 460円(宮古駅〜新田老駅)
・徒歩 0円(新田老駅〜三王眺望公園)
合計 460円

今回試したルートは、宮古駅から電車と徒歩で行くルート。

電車、徒歩とともに少し手間のかかるルート。

時間については、徒歩ルートが時間がかかってしまうのがデメリット。

だいぶ歩きやすい道のりになっていますが、距離としては約2kmと少し歩きます。

時間には注意しましょう。

次に、金額について。

電車の運賃が460円、往復にすると920円。

往復1000円以内で行けるのは有難いですよね。

ただし、本数の問題が出てくるので、この点だけは注意が必要です。

今回のルートの注意点は?

今回のポイント

①宮古駅での乗り場に注意

②電車の本数に注意

③公園前の坂道がきつい

今回の注意点は、宮古駅での乗り場について。

他にも注意点はありますが、1番危なかったのはこのポイント。

充分に注意してください。

宮古駅での乗り場に注意

岩手県 三王眺望公園

宮古駅にはJRと三陸鉄道の2つがあり、1つの駅に集約されています。

今回使用するのは、三陸鉄道。

乗り場も時間帯によっては異なってきますので、事前に確認が必要です。

駅の改札口前や掲示板にしっかりと記載されてますので、注意しましょう。

電車の本数に注意

岩手県 三王眺望公園

朝と夕方は1時間に1本ペースとありますが、それ以外の時間帯は2時間に1本と極端に減ります。

また、このポイントは帰りでも発生し、1本逃すだけで旅のプランが大きく狂います。

ぜひ、充分に確認してほしいポイントです。

公園前の坂道に注意

岩手県 三王眺望公園

最寄駅から公園前の坂道までは、問題なく歩きやすい道のりとなってます。

ですが、ここからの坂道はかなりの傾斜に。

歩きで登って行こうとすると、意外と足に負担が来るほど。

なので、坂道には充分に注意しましょう。

最後に

岩手県 三王眺望公園

如何でしょうか。

電車や徒歩ルートにはかなりの癖がありますが、知ってしまえば誰でもいけます。

ぜひ、参考にしてください。

では、旅の道中には気をつけて。

良い旅路を。

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事