宮古駅から抜群のアクセスを誇る絶景スポット。岩手県の浄土ヶ浜への行き方。
岩手県 浄土ヶ浜

※2021年10月時点の情報

こんにちは。

まだ見ぬ絶景を求めて、旅をする旅人。

アマミヤタロウです。

さて、今回紹介する場所は、岩手県の浄土ヶ浜。

岩手県の宮古市へ訪れたのであれば、真っ先に行ってほしい場所。

アクセスも抜群に良い場所で、行き方を知ってしまえば簡単に行ける場所となってます。

そんな魅力盛り沢山の浄土ヶ浜。

今回では、浄土ヶ浜へとバス1本で行けるルートを試してみました。

ぜひ、参考にしてください。

岩手県の浄土ヶ浜とは?

岩手県 浄土ヶ浜

浄土ヶ浜(じょうどがはま)は、岩手県宮古市にある海岸。国の名勝に指定されている。三陸復興国立公園に属し、三陸を代表する景勝地の1つである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(浄土ヶ浜)

宮古市といえばここ、と呼ばれるくらいの知名度を誇る絶景スポット。

多くの観光客が、この険しい岩並みや海の景色を見に訪れます。

岩手県 浄土ヶ浜

今回では奥の浄土ヶ浜までバスで行きましたが、ビジターセンターから歩く景色もオススメ。

ビジターセンターから浄土ヶ浜までの道のりはしっかりと舗装されており、非常に歩きやすい道のりとなっています。

ビジターセンターからの距離は、徒歩の時間で表すと15分ほどの距離。

バスで往復してもいいですが、行き帰りのどちらかで、ゆっくりとこの景色を徒歩で楽しんでほしい。

岩手県 浄土ヶ浜

浄土ヶ浜を近くで見るのも魅力的。

ですが、離れた場所にある「御台場展望台」から見える浄土ヶ浜は、もっと魅力的な景色となってます。

展望台への道のりは、少し山道を登るような道のり。

ですが、その分良い景色が待っています。

時間があればぜひ。

岩手県 浄土ヶ浜

時間があれば「青の洞窟」に行くのもオススメ。

乗船料が1500円と少しお高めですが、青の洞窟も見れるほか、浄土ヶ浜を目の前で見ることが出来る観光船となってます。

また、船に乗る前に「お菓子」が貰えます。

このお菓子を、浄土ヶ浜を華麗に舞う「ウミネコ」に対して、ファンサができるようになってます。

ですが、奴らは普通に鳥。

フンなどをしてくる可能性大なので、フンには充分に注意を。

浄土ヶ浜の現地情報について

現地の滞在時間約1時間(食事あり)
現地周辺の食事場所あり(各ポイントに数軒ある)
現地周辺のバスルートあり(現地近くまでバスルートがある)

まず、現地の滞在時間について。

1時間あればメインの浄土ヶ浜は見れますが、他の場所まで回ろうとすると、1時間では足りません。

青の洞窟や展望台まで回ろうとすれば、2時間半ほど時間が必要になってきます。

浄土ヶ浜をくまなく散策したい方は、時間には充分に注意を。

岩手県 浄土ヶ浜

次に、食事場所について。

各ポイントに食事する場所がありますが、オススメは奥浄土ヶ浜近くにあるレストラン。

規模としてはかなり大きく、ここでお土産なども購入出来るほどの広さを誇ります。

ここで昼食を済ませるプランを組むのも、アリですね。

最後に、バスルートについて。

浄土ヶ浜近くまで行くバスルートがあるのが、今回の最大の魅力。

特に、宮古駅から直通で行けるのが最高でしたね。

今回試したルートは?

・全体地図

岩手県 浄土ヶ浜

・詳細地図

岩手県 浄土ヶ浜
時間・バス 20分(宮古駅〜奥浄土ヶ浜)
合計 20分
金額・バス 230円(宮古駅〜奥浄土ヶ浜)
合計 230円

今回試したルートは、宮古駅からバスで行くルート。

恐ろしいほどアクセスが良いルートとなっており、移動時間は約20分。

30分以内で浄土ヶ浜付近まで行けるのは、かなり有難いですね。

また、序盤で書いてますが、帰り道を徒歩で帰るのもアリ。

浄土ヶ浜の景色をゆっくりと散策したい方は、ぜひ徒歩で帰るルートも使ってみては。

このバスルートの金額は、230円。

これは、奥浄土ヶ浜までバスで行ってもこの金額。

往復で使ったとしても、500円以内で行けるのは非常に助かりますよね。

これくらいの値段であれば、何も気にせず定価で使えるかと。

今回のルートの魅力は?

今回のポイント

①宮古駅でのバス乗り場が分かりやすい

②バスの本数が1時間に2本と多い

③バス1本で浄土ヶ浜の奥まで行ける

1番の魅力はなんと言っても、バス1本で浄土ヶ浜の奥まで行けること。

正直は話、ここまでアクセスが整っている絶景スポットは見たことない。

ぜひ、この魅力を知ってもらい、沢山の人が訪れてほしい。

宮古駅でのバス乗り場が分かりやすい

岩手県 浄土ヶ浜

まず、最初にくる魅力はこちら。

宮古駅には3つほどのバス停があり、迷う可能性が。

ですが、今回の場合はなんと「浄土ヶ浜」とバス乗り場に書いてあるので、非常に分かりやすい。

乗るバスについてはこの後の注意点でも書きますが、全てのバスは「浄土ヶ浜ビジターセンター」には経由するルートとなってます。

なので、バス乗り場さえ間違えなければ問題ないかと。

バスの本数が1時間に2本と多い

岩手県 浄土ヶ浜

流石は岩手県が誇る絶景スポット。

30分に1本ペースと、バスの本数が多くあります。

乗るバスによっては降りるバス停が異なりますが、浄土ヶ浜方面へと行くバスが多いのは助かりますよね。

バス1本で浄土ヶ浜の奥まで行ける

岩手県 浄土ヶ浜

まさか現地近くまで行けるルートがあるとは。

目の前で浄土ヶ浜が見える場所まで、バスが向かってくれます。

降りて振り返ったら、浄土ヶ浜。

こんなサプライズ、誰も求めてない。

それくらいの衝撃のあるルートでした。

今回のルートの注意点は?

今回のポイント

①バスの行き先と降りるバス停に注意

正直な話、バスの行き先と降りる場所さえ気をつければ、誰だって行けます。

この注意点をしっかりと押さえて、より確実な旅にしてほしい。

バスの行き先と降りるバス停に注意

岩手県 浄土ヶ浜

まず、1番最初に注意してほしいのは行き先について。

行き先は2種類あり、「宮古病院」か「奥浄土ヶ浜」のどちらかに。

正直な話、どちらに乗っても浄土ヶ浜に行けます。

ですが、「宮古病院」行きに乗ってしまうと、「奥浄土ヶ浜」までは行かないので注意。

岩手県 浄土ヶ浜

宮古病院行きが経由してくれるのは、浄土ヶ浜ビジターセンターのみ。

もしビジターセンターで降りたとしても、そこから無料のバスや徒歩で行けるような距離。

なので、ビジターセンターで降りても支障はありません。

ですが、奥浄土ヶ浜まで一気に行きたいという方は、「奥浄土ヶ浜」行きのバスに乗ることオススメします。

最後に

岩手県 浄土ヶ浜

如何でしょうか。

とてもアクセスが整っており、色んな魅力のある場所となってます。

宮古駅周辺で宿を取らなくても、盛岡駅からでも行けるような場所。

ぜひ、旅のプランに入れてみては。

では、旅の道中には気をつけて。

良い旅路を。

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事