海岸沿いから宮古市への横断方法を考えてみよう。青森県八戸市から岩手県宮古市への横断方法について。
八戸 宮古 横断方法

※2021年10月時点の情報

こんにちは。

まだ見ぬ絶景を求めて、旅をする旅人。

アマミヤタロウです。

さて、今回紹介するのは、青森県の八戸市から岩手県の宮古市までの横断方法について。

全国2位の面積を誇る、岩手県。

特に内陸側と海岸側ではかなりの距離があります。

そこで、まずは海沿いを旅するべく、宮古市を拠点にして旅をすることに決めました。

今回は拠点となった宮古市まで、どうやって横断したのかを書いていきます。

ぜひ、参考にしてください。

八戸と宮古の位置を確認してみよう

八戸 宮古 横断方法

まず、八戸市と宮古市の位置について。

八戸市は青森県の東部に、宮古市は岩手県のちょうど真ん中から東の方にあります。

八戸 宮古 横断方法

今回検討したルートは2つ。

内陸側から攻めるか、海岸沿いを攻めるか。

内陸側のルートを使えばだいぶ早く行けますが、とにかく予算がかかってしまうのがデメリット。

海岸沿いのルートを使う理由としては、この予算面があったから。

ただ、対照的に時間がかかるので、この点に関して仕方ないと思ってもらえれば。

以上から今回は予算の方が勝ってしまったので、久慈駅経由のルートに。

では、この海岸沿いのルートにはどんな魅力があるか、詳しく書いていきます。

今回試したルートは?

八戸 宮古 横断方法
時間・電車 本八戸駅〜久慈駅 1時間40分
・電車 久慈駅〜宮古駅 1時間40分
合計 約3時間20分
金額・電車 本八戸駅〜久慈駅 1170円
・電車 久慈駅〜宮古駅 1890円
合計 3060円

今回試したルートは、「本八戸駅から電車で横断するルート」。

時間としては、かなりの乗車時間が必須となるので、長時間の旅が厳しい人には注意。

乗車時間については、この後の注意点にも詳しく書いてます。

ぜひ、そちらも合わせて参考にしてください。

金額としては、3060円。

距離が距離ということもあり、金額が高く感じてしまうこのルート。

他にも安く出来る方法がないか探してみましたが、お得切符系は当時は無く、定価で行く羽目に。

ここでは仕方なく、3060円を払いましたね。

今回のルートの魅力は?

今回のポイント

①三陸鉄道から流れる景色が良い

②久慈駅での乗り換えは意外と簡単

このルートの1番の魅力は、三陸鉄道から見える景色が良いこと。

これは、盛岡駅経由では味わえない魅力になってます。

ぜひ、参考にしてください。

三陸鉄道から流れる景色が良い

八戸 宮古 横断方法

昔から海沿いを走る電車として有名だった三陸鉄道。

震災の影響もありましたが、現在は問題なく運行できるように。

電車の窓から見える景色の数々は、まるで1本の映画を見ているようでした。

途中で橋の上に止まり、橋の上から見える景色を楽しむ時間もあります。

その際はぜひ、時間が許す限り景色を堪能してください。

久慈駅での乗り換えが簡単に出来る

八戸 宮古 横断方法

八戸駅からJR線で行けるのは、この「久慈駅」まで。

ここから「宮古市」まで行くためには、三陸鉄道に乗り換える必要があります。

乗り換えと考えると、めんどくさく感じますよね。

ですが、今回のJR線から三陸鉄道へと乗り換えは、誰でも簡単にできてしまいます。

八戸 宮古 横断方法

なぜなら、JR線久慈駅の隣に三陸鉄道の久慈駅があるから。

ほぼ隣に位置していることから、徒歩5分もかからずに乗り換えが出来ます。

ですが、ホーム内は少し入り組んでいます。

改札通った後の移動時間には、充分に注意してほしい。

このルートの注意点は?

今回のポイント

①本八戸駅から乗る電車に注意

②電車の本数に注意

③乗車時間が長い

1番の注意点として、電車の本数に注意してほしい。

これはJR線、三陸鉄道の両方の電車にて共通の注意点。

ぜひ、利用する前に確認してほしいです。

本八戸駅から乗る電車に注意

八戸 宮古 横断方法

今回の目的地は「久慈駅」。

八戸方面から行く人は、「鮫(さめ)駅」か「久慈駅」行きのどちらかに。

ここで鮫駅行きに乗ってしまうと、目的地の久慈駅までは行きません。

なので、乗る電車と行き先には注意しましょう。

電車の本数に注意

八戸 宮古 横断方法

これはJR線にも本数が少ない話がありますが、三陸鉄道にも同様です。

両者の本数は2〜3時間に1本と少ないので、電車の乗り遅れには充分に注意しましょう。

また、三陸鉄道については、朝と夕方の時間帯は1時間に1本と多くなります。

この時間帯を狙って、移動するのもアリですね。

乗車時間が長い

八戸 宮古 横断方法

JR線および三陸鉄道の乗車時間は、両方とも1時間40分。

合計すると、3時間20分とかなりの長旅に。

JR線の方は難なく座席に座れます。

ですが、三陸鉄道については、長期休暇や通勤時間帯となると座れない可能性があるので注意。

当時の自分も、朝の通勤時間帯で久慈駅から30分ほど経っていた覚えがあります。

この辺は乗車する時間帯をずらすなどして、快適な旅にしましょう。

最後に

八戸 宮古 横断方法

如何でしょうか。

内陸側から行くルートだと、新幹線や特急ルートがあるので、やりやすい所があります。

ですが、海岸沿いから行くことによって、電車の窓から見える景色が最高のものになります。

ぜひ、皆さんの旅に合ったプランの参考にしてください。

では、旅の道中には気をつけて。

良い旅路を。

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事