小舟渡海岸だけで八戸旅を終わらせるな。青森県の葦毛崎展望台も合わせて行ってみよう。
青森県 葦毛崎展望台

※2021年10月時点の情報

こんにちは。

世界の地図を書き直す男、タニモトショウタロウです。

さて、今回紹介する場所は、青森県の葦毛崎展望台。

八戸市内から電車でも行ける場所であり、蕪嶋神社のついでに行くこともできる展望スポット。

今回では、八戸市内からではなく、小舟渡海岸と合わせて旅が出来るかを試してみました。

ぜひ、参考にしてください。

青森県の葦毛崎展望台とは?

青森県 葦毛崎展望台

展望台から180度に広がるパノラマ展望台。

この景色も良いですが、展望台そのものにも魅力があります。

青森県 葦毛崎展望台

展望台から見える、横からの景色も絶景。

ぜひ、全方向から見える景色を楽しんでほしい。

青森県 葦毛崎展望台

オススメの絶景ポイントは、葦毛崎展望台から南へと歩いた所にある場所。

太平洋へと突き出す展望台の姿と、海の色合いがとても良い味を出してくれます。

葦毛崎展望台の現地情報

現地の滞在時間約1時間(食事あり)
現地周辺の食事場所あり(展望台近くに一軒)
現地周辺のバスルートあり(鮫駅からのバスルート)

滞在時間については、30分もあれば回れる広さ。

ただし、散策や食事を済ませようとすると、1時間以上かかります。

なので、時間に余裕ある方は、1時間以上の時間を確保して旅を満喫してほしい。

青森県 葦毛崎展望台

次に、食事場所について。

展望台近くには、しっかりとしたレストランがあります。

ソフトクリームが有名なレストランですが、ちょうど昼食だったので、普通に食事しました。

特に、このハンバーガー。

ボリュームがあるのはもちろん、500円以下で食べられるコスパの良さ。

ぜひ、時間があれば食べてみてください。

最後に、バスルートについて。

今回試したルートの一部に、鮫(さめ)駅からのバスルートがあります。

終点は「種差海岸」までと、この周辺を観光するにはもってこいのバスルート。

徒歩で回る体力がなければ、このバスを使うのもアリですね。

今回試したルートは?

・電車ルート

青森県 葦毛崎展望台

・徒歩ルート

青森県 葦毛崎展望台
時間・徒歩 30分(小舟渡海岸〜階上駅)
・電車 15分(階上駅〜陸奥白浜駅)
・徒歩 50分(陸奥白浜駅〜葦毛崎展望台)
合計 1時間35分
金額・徒歩 0円(小舟渡海岸〜階上駅)
・電車 210円(階上駅〜陸奥白浜駅)
・徒歩 0円(陸奥白浜駅〜葦毛崎展望台)
合計 210円

今回試したルートは、「小舟渡海岸から電車と徒歩で行くルート」

徒歩の時間が大幅に占めてしまう、このルート。

当時の自分は、とにかく歩き続けていたのを覚えています。

金額としては、電車の運賃のみになるので、非常に予算が抑えられるルートとなっています。

これだけの予算であれば、「白浜海水浴場」のバス停から、バスを使っていくのもアリですね。

ですが、そのバス停から葦毛崎展望台までの距離は、約4km。

徒歩で歩くと、約30分の距離に。

1時間以内で行ける距離なので、ここはバスの時間と比較して検討してほしい。

今回のルートの魅力は?

今回のポイント

①海岸沿いの景色が抜群に良い

②低予算で済ませられる

③そのまま進めば燕島神社まで行ける

1番の魅力は、海岸沿いの景色が良いこと。

これは、徒歩だからこそ魅力がわかるポイントですね。

ぜひ、参考にしてください。

海岸沿いの景色が抜群に良い

青森県 葦毛崎展望台

これは、陸奥白浜駅から20分くらい歩いたところで見れる景色。

隣の「白浜海水浴場」と一緒になってますが、とにかく広い海岸。

時間があれば、この砂浜を走り回るのも楽しそうですね。

※実際にやりました。とても楽しかったです(小学生並の感想)

青森県 葦毛崎展望台

絶対に散策して欲しいとオススメする場所は、中須賀海岸での道のり。

海岸沿いにある歩道はしっかりと舗装され、歩きやすい道のりになっています。

このまま行けば葦毛崎展望台へと辿り着けるので、この道のりも、セットで味わってほしい。

低予算で済ませられる

ほぼ徒歩ルートということもあり、移動費が格段に安く収えられます。

また、道中の道のりはそこまで険しい道のりではないです。

誰でも歩きやすい道のりになってるので、時間に余裕があればぜひ。

そのまま進めば燕島神社へと行ける

青森県 葦毛崎展望台

これは、葦毛崎展望台を回った後の魅力。

30分ほど歩けば、蕪嶋神社」へと行くことが出来ます。

展望台近くにバスルートがあるので、バスを使っても行けるルート。

この辺は、残された時間を見ながら調整してほしい。

今回のルートの注意点は?

今回のポイント

①電車の本数に注意

②バスルートの本数に注意

1番の注意点は、電車の本数。

1本逃せば2〜3時間待ちという考えるだけで、冷や汗が出るレベルに。

ぜひ、事前に確認を。

電車の本数に注意

青森県 葦毛崎展望台

これは、階上駅から陸奥白浜駅までの電車ルートに対しての注意点。

本数が2〜3時間に1本と、かなり本数が減ります。

鮫駅までは本数があるんだけどね…この駅を通り過ぎると、この本数になってしまうわけですよ…

なので、小舟渡海岸から電車ルートを使う際は、電車の時間に注意して欲しいです。

バスルートの本数に注意

青森県 葦毛崎展望台

これは、バスルートを使うときの注意点ですが。

ふと見ると、1日8本と本数があるように見えますが、土日になると半分の本数になるので注意。

そうすると、バスの本数も電車の本数と似たような感じになりますよね。

なので、バスを使う際には、時間を気にするようにしましょう。

最後に

青森県 葦毛崎展望台

如何でしょうか。

小舟渡海岸だけだと、半日しか持ちません。

ここで、帰り道に「葦毛崎展望台」や「蕪嶋神社」を含むことによって、旅の充実度が変わってきます。

ぜひ、自分の旅に彩を加えてみては如何でしょうか。

では、旅の道中には気をつけて。

良い旅路を。

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事