電車で2時間かけて山奥の峡谷へ。富山県の黒部峡谷への行き方。
富山県 黒部峡谷

※2021年8月時点の情報です。

こんにちは。

まだ見ぬ世界を求めて、旅をする旅人。

アマミヤタロウです。

さて、富山県といえば「立山」がとても有名。

その立山と合わせて、よく観光パンフレットで紹介されているのが「黒部峡谷」です。

ではこの黒部峡谷は名前は知ってても、どうやって行けば良いのか分かりませんよね。

一番多かった質問が、「立山と一緒に見に行けますか?」という質問。

答えは、「位置は近いですが、完全に無理です。」

なので、立山と一緒に見に行く時は、富山市内で宿泊していく予定を立てないといけません。

では、なぜ宿泊していく予定を立てなければいけないのか。

今回の記事では、黒部峡谷の魅力はもちろん、注意するポイントまで詳しく紹介していきます。

ぜひ、参考にしてください。

富山県の黒部峡谷とは?

富山県 黒部峡谷

黒部峡谷(くろべきょうこく)は、富山県黒部市、黒部川中流 - 上流にある峡谷(V字谷)である。

飛騨山脈北部を立山連峰と後立山連峰に分断する大規模な峡谷で、国の特別天然記念物(天然保護区域)及び特別名勝指定。中部山岳国立公園に含まれる。清津渓谷、大杉谷とともに日本三大渓谷に選定され、また日本の秘境百選の一つにも挙げられている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

そう、この黒部峡谷は「日本三大渓谷」に選ばれるほど絶景。

あともう2つは分かりづらい所があり、分かりやすいスポットでいくと、1つは新潟県の清津峡です。

よくInstagramやTwitterなどで、トンネルの中の水面に立って、写真を撮るやつです。

恐らく、関東の人たちに聞けばわかるかと。

富山県 黒部峡谷

さて、本題に戻りましょう。

この黒部峡谷、富山の観光スポットで、迷わず上がってくるほどの有名絶景スポット。

一番の魅力は、この黒部峡谷を走る「黒部峡谷鉄道」ではないでしょうか。

一般の旅行客はもちろん、数多くの鉄道ファンもここへと足を運んでます。

富山県 黒部峡谷

何が魅力なのか。

それはもちろん、この鉄道から見える、数々の絶景。

ちなみに乗車時間は約1時間30分と、かなりの長旅。

ですが、この変わりゆく景色を見ていたら、あっという間に終点の「欅平駅」まで到着してしまう程の絶景です。

この乗車時間は、長く感じるより、短くあっという間に感じるでしょう。

富山県 黒部峡谷

もちろん、欅平駅周辺にも絶景の数々が。

峡谷に流れる川まで降りて、川遊びや足湯を楽しむことも出来ます。

富山県 黒部峡谷

また、この黒部峡谷は鉄道や峡谷だけではありません。

終点「欅平」から徒歩で1時間かけて歩いて行くと、小さな秘境温泉があります。

それが、「祖母谷温泉(ばばたにおんせん)」と呼ばれる、屋外に解放されている露天風呂です。

日帰りで入浴が出来るのはもちろん、近くにキャンプ場があるのでテント泊も出来ます。

登山される方が、ぞろぞろとこの温泉に入っていたので、思わず私自身も入ってしまいました。

湯加減、最高でした。

富山県 黒部峡谷

ですが、この祖母谷温泉まで行くとなると、徒歩で往復2時間かかります。

しかも道中は途中まで舗装されていますが、後半は田舎道と険しい道となってます。

そうなってしまうと、他の場所が回れなくなりますので注意してください。

黒部峡谷への行き方は?

まあ予想はしていましたけど、山奥ですね。

まず、この地図だと分かりづらい所があるので、場所を変えてみましょう。

先ほど書きましたが、この黒部峡谷には「黒部峡谷鉄道」があると書きました。

この近くをよく見ると、「宇奈月温泉」という駅がありますよね。

なので、この「宇奈月温泉」から乗り換えて、「黒部峡谷鉄道」へと行くという段取りに。

さて、ここまで分かったら「宇奈月温泉」までどうやって行けば良いかという話に。

なので、今回は「宇奈月温泉駅まで電車で行くルート」を紹介します。

このルートを何も知らずに使うと、とんでもない後悔をします。

そんな後悔をする前に、以下の注意点を確認していきましょう。

このルートの注意点は?

メリットより注意点が多いので、今回は注意点を記載します。

ぜひ参考にして頂けれは幸いです。

乗車時間がとても長い

富山県 黒部峡谷

まずはこれ。

私自身、始発の6時前に乗ってみた所、最寄り駅の「宇奈月温泉」へ8時前に到着するという結果に。

この結果から、乗車時間は2時間と長旅という結果に。

乗り心地も悪いわけではないので、ずっと座るのは問題ないかと。

但し、シーズンが来ると、とんでもない人の数になると聞きました。

座れないのは確実に危ないので、余裕を持って始発近くの列車に乗ることをオススメします。

運賃が高い

富山県 黒部峡谷

そして、次に発生するのがこの問題。

まさかと思いますよね、そのまさかです。

富山県の中心地、富山駅から行くとしましょう。

その富山駅から宇奈月温泉まで、片道の運賃が「1690円」とかなりの値段に。

まあ富山駅からの距離から考えると、この金額になっても可笑しくないですが。

実は、黒部峡谷鉄道と合わせたお得切符があるという話が。

ですが、今回は別の方法で。

今回試したのは、金券ショップから購入できる優待券で行く方法。

そう、この高い運賃を別のやり方で安くできる方法があるんです。

それが、富山電鉄の「株主優待券」です。

この優待券を使えば、電鉄富山~宇奈月温泉間をかなり安い金額で行くことが出来ます。

ですが、こちらの株主優待券は5枚綴りの切符になります。

単品での購入は出来ないので、ここも注意が必要に。

当時の値段としては、1500円で販売されていました。

なので、往復するだけでも半額の値段で行けます。

まあ3枚分余るのは癪ですが、それでも安く行きたいという人かつ、連泊できる方は購入した方が良いかと。

なぜ、連泊者のみなのか。

この株主優待券は、金券ショップに売ってるので、事前に金券ショップへといく必要が。

富山県 黒部峡谷

ただし、この金券ショップは自動券売機という便利なものは置いてません。

なので、営業時間内に行く必要性があります。

そうしてしまうと、日帰りで行く人は寄らないほうがいいとなります。

正直な話、日帰りで使ってしまうと優待券が余ってしまいます。

なので、別の方法を考えた方が良いかと。

もし、日帰りで行くから良いよという方は、お得切符があります。

なので、まずそちらを見てから定価で行くようにしましょう。

富山県民限定プランもありましたので、注意してください。

本数が少ない

富山県 黒部峡谷

極端に本数が少ないわけではないですが、これは注意してほしい点。

1時間に2本と、本数は少なめ。

ですが、行先表示はしっかりと「宇奈月温泉」と書いてあるので、乗る電車は間違えないかと。

平日と休日では本数が一緒でも、出発時刻が違う場合があります。

充分に注意しましょう。

最後に

富山県 黒部峡谷

如何でしょうか。

富山の代表的な観光地でもある、黒部峡谷。

よく富山に行く方で、ここを目指す人は多いです。

ですが、行くのに時間がかかればお金もかかるルート、ということだけは先に確認しておきましょう。

色んな注意点がある黒部峡谷ですが、着いた先には、最高の景色が皆さんを魅了します。

ぜひ、この黒部峡谷へと足を運んでみてください。

では旅の道中には気をつけて。

良い旅路を。

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事