電車で約1時間で行ける青森県最東端の地。青森県の小舟渡海岸への行き方。
青森県 小舟渡海岸

※2021年10月時点の情報

こんにちは。

世界の地図を書き直す男、タニモトショウタロウです。

さて、今回紹介するのは、青森県の小舟渡海岸。

青森県の最東端にある展望スポットで、青森県で最も早く朝日が早く見られる場所。

八戸市内から電車で1時間ほどで行けますが、色々とクセのあるルートとなっています。

小舟渡海岸へと電車で行く時の参考になれば。

青森県の小舟渡海岸とは?

青森県 小舟渡海岸

小さい灯台と、青く広がる太平洋が魅力的な海岸。

ここでは絶景を楽しめるのはもちろん、サーフィンや釣り、素潜りなどマリンスポーツを楽しむ人が沢山いました。

青森県 小舟渡海岸

オススメの絶景ポイントは、灯台横から見える海岸。

真っ直ぐに伸びる海岸ではなく、入り組んだ具合の海岸が見られます。

ぜひ、写真に納めてみては如何でしょうか。

小舟渡海岸の現地情報

現地の滞在時間約30分(食事なし)
現地周辺の食事場所なし(八戸市内で済ませることをオススメ)
現地周辺のバスルートあり(階上駅のみのルート)

滞在時間については、30分ほどあれば充分に散策できます。

小舟渡海岸はそこまで大きな規模ではないので、時間を大きくかけなくても散策出来ます。

次に、食事場所について。

小舟渡海岸周辺には、食事する場所はありません。

なので、あらかじめ八戸市内で済ませるか、事前に購入して持ち込むかのどちらかに。

最後にバスルートについて。

角の浜駅からは無いですが、階上駅にはコミュニティバスがあります。

ですが、角の浜駅から徒歩15分で行けるような距離。

コミニュティバスの時間まで合わせると厄介なので、角の浜駅から徒歩で行くことをオススメします。

今回試したルートは?

・電車ルート

青森 小舟渡海岸 行き方

・徒歩ルート

青森 小舟渡海岸 行き方
時間・電車 45分(本八戸駅〜角の浜駅)
・徒歩 15分(角の浜駅〜小舟渡海岸)
合計 1時間
金額・電車 510円(本八戸駅〜角の浜駅)
・徒歩 0円(角の浜駅〜小舟渡海岸)
合計 510円

今回試したルートは、「本八戸駅から電車で行くルート」

八戸方面から電車で一本行ける、好アクセスのルート。

移動時間としては、約1時間。

電車の待ち時間があるので、待ち時間を含めてしまうと、1時間以上かかってしまいますが。

ですが、時間を合わせてしまえば、こちらのもの。

ぜひ時間を合わせて、試して欲しいルートです。

金額については、電車ルートのみにお金がかかります。

なので、徒歩ルートは無料となるので、片道510円と安く行けるルートに。

また、この後の魅力にも書きますが、階上駅からであれば420円と多少安く行けます。

ですが、近くまで電車で移動しない分、徒歩ルートが30分以上かかるルートになってしまうので注意。

時間と予算を合わせて、降車駅を検討しましょう。

このルートの魅力は?

今回のポイント

①片道510円で最寄り駅まで行ける

②角の浜駅から徒歩15分

③階上駅、角の浜駅のどちらでも行ける

このルートの最大の魅力は、アクセスの良さ。

最寄り駅から難なく行けるのは、最高の魅力かと。

ぜひ、参考にしてください。

片道510円で最寄り駅まで行ける

これは、本八戸駅から角の浜駅までの運賃。

往復で行ったとしても、1000円ほどで行けるこのルート。

予算がない人でも、楽しめるルートになってます。

角の浜駅から徒歩15分で行ける

青森県 小舟渡海岸

徒歩15分で小舟渡海岸まで行けてしまうというアクセスの良さ。

道中もほぼ平坦な道が続くので、非常に歩きやすい道のりとなっています。

階上駅、角の浜駅のどちらでも行ける

青森県 小舟渡海岸

歩く時間が変わってしまいますが、それでも徒歩30分で行けるのは間違いありません。

徒歩の時間が長くなってもいい、予算を極力抑えたい人には階上駅。

予算を使ってでも時間を節約したい人には角の浜駅と、人の好みに合わせられるのも魅力かと。

このルートの注意点は?

今回のポイント

①電車の行き先に注意

②小舟渡海岸の入口に注意

③現地周辺には食事する場所がない

1番気をつけて欲しいのは、電車の行き先について。

当時の自分も、間違えそうになった注意点です。

ぜひ、この記事を参考にしてから小舟渡海岸まで行って欲しいです。

電車の行き先に注意

青森県 小舟渡海岸

本八戸駅から行こうとすると、この電車の行き先問題が発生します。

今回の最寄り駅は「角の浜駅」

角の浜駅までは「久慈駅」行きの電車に乗らないと、角の浜駅まで行くことが出来ないので注意が必要。

間違っても「鮫(さめ)駅」行きには乗らないように、注意してください。

青森県 小舟渡海岸

そして、角の浜駅での時刻表を見ると、電車の本数が少ないのも気付くかと。

電車の本数が2〜3時間に1本と、かなり少ないです。

角の浜駅まで行くには行けますが、帰りの電車が非常に危ない。

ぜひ、事前に角の浜駅での時刻表を確認しておきましょう。

小舟渡海岸の入口に注意

青森県 小舟渡海岸

これは「角の浜駅」から徒歩で行った時のこと。

道中には看板などが一切なく、地図を見てたとしても、入口が分かりづらい面がありました。

民家が立ち並ぶ所で、右に曲がれば入口がしっかりと見えますが、曲がり角には目印などが一切ないので、注意。

行く時には地図アプリなどで、予め確認しておきましょう。

現地周辺には食事する場所がない

青森県 小舟渡海岸

この注意点は、階上駅と角の浜駅の共通の問題に。

現地周辺には、食事する場所やコンビニなどがありません。

なので、今回の場合は「八戸市内で事前に食事を済ませる」「事前に食べられるもの持ち込む」のどちらかをオススメします。

最後に

青森県 小舟渡海岸

如何でしょうか。

八戸市内から1時間で行ける好アクセススポット。

ですが、電車の本数や乗る電車を間違えると、思った以上に時間がかかってしまいます。

ぜひ、電車の時間に合わせた、旅のプランを組むことをオススメします。

では、旅の道中には気をつけて。

良い旅路を。

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事