一ノ関駅からバスで30分のアクセスの良さ。岩手県の厳美渓への行き方。
岩手県 厳美渓

※2021年10月時点の情報

こんにちは。

まだ見ぬ絶景を求めて、旅をする旅人。

アマミヤタロウです。

さて、今回紹介する場所は、岩手県の厳美渓。

一ノ関駅からバス1本で行けるかつ、30分もあれば行ける観光スポット。

今回では実際にこのバスルートを使って、厳美渓まで行ってみました。

ぜひ、厳美渓まで行く前の情報として活用してください。

岩手県の厳美渓とは?

岩手県 厳美渓

厳美渓(げんびけい)は、岩手県一関市にある磐井川中流の渓谷。栗駒山(須川岳)を水源とする。全長2キロメートルで奇岩や怪岩に富む。1927年(昭和2年)に国の名勝及び天然記念物に指定された。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

川の形に沿った、奇岩が魅力的な場所。

厳美渓周辺を歩くだけでも、この景色の魅力を味わうことが出来ます。

岩手県 厳美渓

そのまま西の方へと歩くと、「長者滝橋」と呼ばれる橋があります。

通常のポイントから見える厳美渓とは、一味違う景色が見れます。

時間があればぜひ。

岩手県 厳美渓

オススメの絶景ポイントは、岩壁の上から見える厳美渓の景色。

かなり川の近くまで行ける場所で、厳美渓の魅力を真近で見ることが出来ます。

ただし、岩壁の上を歩くので、かなり滑りやすい場所となっています。

散策する場合は充分に注意を。

厳美渓の現地情報について

現地の滞在時間約1時間(食事なし)
現地周辺の食事場所あり
現地周辺のバスルートあり

まず、現地の滞在時間について。

約1時間と短い時間で回っていますが、かなり早歩きしたペースで回ったのを覚えています。

食事を楽しみつつ、もう少しゆっくりと周りたいとなれば、2時間ほど確保して厳美渓を楽しむことをオススメします。

次に、現地の食事場所について。

近くにはコンビニは無いですが、食事する場所は沢山あります。

今回の旅では早朝に行ってしまったせいか、ほぼ飲食店は閉まってました。

日中に行けば開店している場所が多いので、食事を楽しみたい人は昼間に行くことをオススメします。

最後に、バスルートについて。

今回試したルートになりますが、厳美渓近くまでバスがしっかりと走ってます。

このバスルートについては、今回のルートの魅力や注意点に詳細を記載してます。

ぜひ、こちらの項目で確認を。

今回試したルートは?

岩手県 厳美渓
時間・バス 20分(一ノ関駅〜厳美渓)
合計 20分
金額・バス 500円(一ノ関駅〜厳美渓)
合計 500円

今回試したルートは、一ノ関駅からバスで行くルート。

バス1本で行ける、非常に魅力のあるルートとなっています。

移動時間は、約20分。

短い時間で厳美渓へと行けるのが、このルートの魅力ですね。

そして、かかった金額は500円。

ワンコインで行けるのは非常にありがたい。

往復にすると1000円。

野口さん1枚で厳美渓を楽しめるのは、非常にコスパがいいですね。

岩手県 厳美渓

また、他の場所へも合わせて旅する人にはこのチケットを買ってほしい。

今回紹介するのは、一ノ関周辺をお得に回れる「ワンデーバスパスポート」。

金額が1200円と、厳美渓だけだと交通費が高くなってしまうのがデメリット。

ですが、他の場所も兼用すると非常に安く行けます。

購入場所は、バス会社さん窓口のみとなります。

今回の場合だと、一ノ関バスターミナルの南にある窓口で購入できます。

また、購入できるのはバス窓口が空いている時間のみにとなります。

なので、早朝に行く人は充分に注意を。

このルートの魅力は?

今回のポイント

①バスの本数がある

②降りるバス停が分かりやすい

③バス停降りてすぐに厳美渓が見える

今回の1番の魅力は、厳美渓までのバスルートに本数があること。

当時の自分がビックリするほど本数が多かったです。

ぜひ、参考にしてください。

バスの本数が多い

岩手県 厳美渓

そもそも1時間に1本とある時点で、本数が多いと判断できるこのルート。

朝と夕方になれば1時間に2本と本数が増えるので、アクセス面が非常に整っています。

また、昼間も30分に1本の間隔で運行しているので、旅のプランが非常に組みやすいルートとなってます。

降りるバス停が分かりやすい

岩手県 厳美渓

これも非常に魅力的。

降りるバス停が厳美渓と、非常に分かりやすい。

厳美渓に行くなら、厳美渓のバス停で降りれば間違いないことを証明していますね。

バス停降りてすぐに厳美渓が見える

岩手県 厳美渓

最寄りのバス停が厳美渓ということで、降りて少し歩くと期待していましたが。

まさかの徒歩1分ほどで厳美渓が見えるとは。

厳美渓自体も結構な広さがあります。

ですが、代表的な景色はバス停から歩いて1分ほどの橋から充分に見えます。

少しも迷いもなく行けるのは有り難いですね。

今回のルートの注意点は?

今回のポイント

①一ノ関駅でのバス乗り場に注意

今回の注意点は、一ノ関駅での乗り場について。

現地でバス停の位置を再度確認するほどのレベルとなっています。

ぜひ、時間に余裕を持って確認を。

一ノ関駅でのバス乗り場に注意

岩手県 厳美渓

当時の自分はスマホの情報と照らし合わせながら、探し回っていたのを覚えています。

一ノ関駅前のバスターミナルには、バス停の数が5つ以上と迷う可能性があります。

今回のバス停は、9番乗り場。

乗り場にも厳美渓行きと書いてあります。

分かりやすい部分はありますが、バス停の数も多いので注意。

最後に

岩手県 厳美渓

如何でしょうか。

岩手県の一ノ関周辺には沢山の魅力があります。

簡単かつ安く行きたい、という話なら間違いなく厳美渓をオススメできます。

ぜひ、岩手県の観光に役立てください。

では、旅の道中には気をつけて。

良い旅路を。

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事