バス1本で鍾乳洞近くまで行けるバスルート。岩手県の幽玄洞への行き方。
岩手県 幽玄洞

※2021年10月時点の情報

こんにちは。

まだ見ぬ絶景を求めて、旅をする旅人。

アマミヤタロウです。

さて、今回紹介する場所は、岩手県の幽玄洞。

岩手県北部にも日本が誇る鍾乳洞がありますが、今回は岩手県南部にある鍾乳洞にも行ってみました。

今回紹介するルートでは、幽玄洞の近くまで行けるバスルートとなっています。

ぜひ参考にして下さい。

岩手県の幽玄洞とは?

岩手県 幽玄洞

幽玄洞(ゆうげんどう)は、岩手県一関市東山町にある鍾乳洞である。 見所にひょうたん池や浄魂の泉(水深10メートル以上の地底湖)がある。昭和55年に発見された幽玄洞は、3億5千万年前の地層に属し、日本で最古の鍾乳洞と言われている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岩手県が誇る鍾乳洞、龍泉洞と比較すると規模は小さいですが。

その分、違った魅力のある鍾乳洞となっています。

岩手県 幽玄洞

鍾乳洞の景色も素晴らしいですが、自分的にはこの鍾乳洞へと続く道なりがベストスポット。

森の中にひっそりとあるこの景色、ぜひ足を止めてみてほしい。

岩手県 幽玄洞

もちろん、鍾乳洞の内部も様々な魅力があるので、しっかりと味わってほしい。

ただし、鍾乳洞内はかなり入り組んでおり、散策しづらい面が。

身長の高い人が入ったりすると、頭が当たりやすいところもありました。

頭上注意、ヨシ!でお願いします。

幽玄洞の現地情報

現地の滞在時間約1時間(食事なし)
現地周辺の食事場所なし
現地周辺のバスルートあり

現地の滞在時間については、約1時間あれば散策は充分にできます。

ですが、帰りのバスの時間のことも考えなければいけません。

帰りのバスについては、今回のルートの魅力にて記載してます。

ぜひ、そちらを確認してから幽玄洞を余すなく満喫してほしい。

次に、食事情報について。

軽食程度なら幽玄洞出口にありましたが、それ以外は全くと言っていいほどありませんでした。

現地周辺だと食事は出来ないと考え、予め済ませるか猊鼻渓駅の近くで済ませることをオススメします。

最後に、バスルートについて。

今回使用したルートになりますが、詳細については魅力の方で書いてます。

本数が多いとは言えませんが、使う分には問題なしのルートでした。

今回試したルートは?

・バスルート

岩手県 幽玄洞

・徒歩ルート

岩手県 幽玄洞
時間・バス 45分(一ノ関駅〜幽玄洞入口)
・徒歩 10分(幽玄洞入口〜幽玄洞)
合計 55分
金額・バス 630円(一ノ関駅〜幽玄洞入口)
・徒歩 0円(幽玄洞入口〜幽玄洞)
合計 630円

今回試したルートは、一ノ関駅からバスで行くルート。

バス1本で行ける、魅力的なルート。

幽玄洞へ行くなら間違いなくこのルートしかないと、太鼓判を押して言えるルートです。

移動時間は、約1時間。

一ノ関駅から距離があるので、この辺は仕方ないですね。

最後に、金額について。

今回はバスのみということで、片道にかかる料金は630円。

片道1000円以内で行けるのは、かなりありがたいですね。

岩手県 厳美渓

また、このルートは往復すると1340円とちょっと高め。

なので、今回のルートでは「一ノ関ワンデーバスパスポート」を購入することをオススメします。

値段は1200円と、幽玄洞を往復するだけでもかなりお得。

ですが、このワンデーバスパスポートは、バス車内では購入出来ません。

バスセンター窓口が空いている時間でしか購入出来ないので、窓口の時間には注意を。

また、幽玄洞へと行く始発バスは10時台。

なので、行く前には問題なく窓口が空いているので問題ないかと。

今回のルートの魅力は?

今回のポイント

①バスの本数がある

②降りるバス停が分かりやすい

③バス停降りてから徒歩10分で行ける

今回の最大の魅力は、バスルートに本数があること。

ですが、ちょっとした癖のあるルートとなってますので、こちらも合わせて確認してほしい。

バスの本数がある

岩手県 幽玄洞

日中は1時間に1本とあるルートに。

早朝と夕方になると本数が無くなるのは痛手ですが。

また、休日になるとバスの本数が減るので注意。

減るのは早朝の1本のみになるので、支障はないかと。

降りるバス停がわかりやすい

岩手県 幽玄洞

今回の行き先は、幽玄洞。

そして、今回使用する最寄りのバス停名は、幽玄洞入口。

まさに幽玄洞に行くならここで降りてくださいと、しっかりと示してくれています。

バス停から徒歩10分

岩手県 幽玄洞

バス停から徒歩10分で行けるのはありがたい。

道中も平坦で、歩道もあるので歩きやすい道のりとなっています。

今回のルートの注意点は?

今回のポイント

①一ノ関駅でのバス乗り場に注意

②幽玄洞への道のりに注意

③帰りのバスに注意

今回最も押さえてほしいのは、一ノ関駅でのバス乗り場について。

ここを不十分にしてしまうと、旅のプランに大きく支障が出ます。

ぜひ、事前に確認を。

一ノ関駅でのバス乗り場に注意

岩手県 幽玄洞

一ノ関駅前のバス乗り場はたくさんのバス停があり、行き先も様々なバスがあります。

今回使用するのは7番乗り場で、行き先は摺沢(すりさわ)になります。

バス停の位置もバスターミナルの真ん中側にあるので、時間に余裕を持ってバス停の位置に確認を。

幽玄洞への道のりに注意

岩手県 幽玄洞

地図アプリを見ながら行く人は問題ないですが。

バス停から進んで川を渡ると、真っ直ぐに行けるルートと左に行けるルートがあります。

ここで真っ直ぐ進んでしまうと、幽玄洞には行けなくなるので注意。

ポイントとしては、曲がり角に小さな看板があります。

バス停から来る人には見える位置にありますので、見落とさないようにしましょう。

帰りのバスに注意

岩手県 幽玄洞

行きは問題ないのですが、帰りのバスに注意点が。

今回使用した「岩手県交通」とは別に、別会社のバスルートがあります。

このバスを使ってしまうと一ノ関駅へと戻れなくなるので、帰りのバスには注意が必要です。

最後に

岩手県 幽玄洞

如何でしょうか。

一ノ関駅からバス1本で行けるルートとなってますが、少し危なげなルートとなってます。

ぜひ、行く前にこの記事を参考にし、幽玄洞を楽しんでもらえれば幸いです。

では、旅の道中には気をつけて。

良い旅路を。

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事