青森県から北海道の函館まで海路で横断。青森から函館までの横断方法について。
青森県 函館 横断方法

※2021年10月時点の情報

こんにちは。

まだ見ぬ絶景を求めて、旅をする旅人。

アマミヤタロウです。

さて、今回紹介するのは、青森県から北海道の南部、函館への横断方法について。

地図だけで見ると、新幹線しかないようにみえます。

ですが、昔からの横断手段は残っており、船での横断が可能。

今回では、「青森県から北海道の函館までの横断方法」について、詳しく解説します。

北海道の地図を見てみよう(南部)

青森県 函館 横断方法

さて、地図を見てみましょう。

青森県の主要都市、「青森市」は青森県のほぼど真ん中に。

しかも、北海道の函館の位置を見てみると、ほぼ真上にありますね。

これは何かの偶然か。

青森県 函館 横断方法

では、青森県からの横断方法について、幾つかルートをみてみましょう。

海路は3つ。

青森市、大間町、八戸市の3つから、どの手段で行くか。

今回では函館への横断手段なので、苫小牧へと行く八戸ルートは無し。

そして、大間町からの海路は、大間町まで交通費も時間もかかってしまうので無しに。

以上の結果から、今回では「青森市から函館への横断ルート」に決定しました。

今回試したルート

・全体図

青森県 函館 横断方法

・青森サイド

青森県 函館 横断方法

・北海道函館サイド

青森県 函館 横断方法
時間片道 約5時間30分
・弘前駅〜青森駅 50分
・青森駅〜青函フェリー青森ターミナル 30分
・青函フェリー 4時間
・青函フェリー函館ターミナル〜函館駅 15分
金額片道 2340円
・弘前駅〜青森駅 640円
・青森駅〜青函フェリー青森ターミナル 徒歩なので無料
・青函フェリー 1500円
・青函フェリー函館ターミナル〜函館駅 200円

今回試したルートは「青森県弘前駅から電車、船、バスを使って函館まで横断するルート」

言葉だけなら、色々と乗り継ぎのあるルート。

ですが、実際試してみるとかなりスムーズな旅でした。

片道5時間30分とかなりかかってますが、この旅路での約4時間は船旅で占めてます。

約4時間もどうしたのか。

船内では何故か通信環境があり、スマホでの時間潰しができ、景色も食事も楽しむことができました。

船内の揺れもそこまで激しくもなく、快適な船旅でした。

金額ですが、予想以上に予算がかからなかったのは、びっくりしましたね。

特に、フェリールートが1500円とかなり安く行けています。

時間がかかってしまうのは痛手ですが、時間に余裕があれば間違いなくオススメできます。

このルートの魅力

青森県 函館 横断方法
今回のポイント

①弘前駅〜青森駅間の電車の本数がある

②フェリーの運賃が安い

③フェリーの時間に合わせたバスルートがある

今回の最大の魅力は、フェリーの運賃が安いこと。

ここまで安く行けるのであれば、使わないことはないです。

ぜひ、参考にしてください。

弘前駅〜青森駅間の電車の本数がある

青森県 青池

流石は主要ラインと言ったところでもありますね。

電車が1時間に1〜2本と、本数があります。

たまに特急の列車があるので、その点だけ気をつければ良いかと。

フェリーの運賃が安い

このルートの最大の魅力でもある、1800円という運賃の安さ。

ですが、公式サイトにある割引クーポンを使うと、1800円から1500円へとさらに安くなります。

青森から函館まで1500円で行けるのは、かなりデカい。

時間が4時間とかかるのは痛いですが、それでもこの安さには勝てませんね。

フェリーの時間に合わせたバスルートがある

青森県 函館 横断方法

この魅力は青森側、函館側にも両サイドで魅力がありますが、今回は函館のみで。

このバス停は、函館ターミナルの横に隠れてあります。

バスの本数は早朝と深夜帯はないですが、日中は2時間に1本とあります。

ほぼフェリーの到着時間に合わせているところもありますので、使用しやすいかと

このルートの注意点

青森県 函館 横断方法
今回のポイント

①使用するフェリーターミナルに注意

②フェリーの本数に注意

今回の最大の注意点は、フェリーターミナルに注意すること。

もう一つのフェリーターミナルが、かなりの近さにあります。

乗り間違えのないようにしましょう。

使用するフェリーターミナルに注意

青森県 函館 横断方法

公式サイトでもアナウンスでもかなり周知されている注意点。

徒歩5分の距離にあるのが、「津軽海峡フェリー」

このフェリーに乗っても函館には到着できますが、料金がかなり変わってきます。

間違えのないように「青函フェリー」に乗りましょう。

フェリーの本数に注意

1日8本とかなりの本数を誇る青函フェリー。

ですが、早朝便と夜間の便がある分、2〜3時間に1本と本数が少ないので注意。

予約はもちろん、当日でも使用できるフェリー。

ですが、公式サイトでしっかりと本数を確認しましょう。

最後に

青森県 函館 横断方法

如何でしょうか。

新幹線開通する前は、どうやって渡っていたんだと。

ですが、現地で調べることによって、こういった航路が出てきました。

4時間と時間がかかるのは痛いですが、それでも安く行けるのは最大の魅力。

ぜひ、青森から函館までの横断方法の一つとして、参考にしてほしいです。

では、旅の道中には気をつけて。

良い旅路を。

Follow me!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事